【停電時オール電化でも安心】カセットコンロのおすすめ商品3選

近年、地球温暖化による異常気象が増えてきました。関東や東海、東北地方を襲った【令和元年房総半島台風】や、熊本県の球磨川の氾濫を起こした九州豪雨は記憶に新しいと思います。

台風などの直接的被害として主に停電があげられます。自宅の電気がつかないのはもちろん、オール電化の家庭では料理ができない事による不便さを感じたことがあるはずです。

今回は停電時にも活躍するカセットコンロのおすすめ商品をご紹介します。選び方や利用者のレビューも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

防災意識の高まりからカセットコンロが重宝されている

「これまで経験したことない台風」「命を守る行動をとってください」など、ニュースでも防災意識を高める報道が多くなってきました。

日本を襲った台風や集中豪雨を教訓に、防災グッズを揃える方が急増。そのなかでも、カセットコンロを準備している方が多い印象を受けました。

地震とは異なり、台風はあらかじめ接近する情報を得られます。台風の勢力が強いほど停電のリスクも高くなります。

停電になってからだと、同じ境遇の人が集まり、混乱状態になることも考えられるので危険です。余裕があるときこそ、最悪の状態を想定して準備をしておきましょう。

【停電時】オール電化の自宅ではカセットコンロが必須

台風による暴風や雷の影響により停電が起こると、オール電化のご自宅では、フライパンや鍋を使った調理ができなくなります。そんなときにカセットコンロを備えておけば、停電時にも温かいご飯が食べられるのです。

実際にオール電化のご家庭では、カセットコンロを備えている方が多いようです。

カセットコンロは、調理だけではなくお湯を沸かす用途としても活躍します。たとえば真冬に停電した場合、湯たんぽなどを用いて暖をとることもできるのです。さまざまな用途で活躍するので、オール電化のご家庭でなくても用意しておくことをおすすめします。

カセットコンロの選び方

はじめてカセットコンロを購入する方は、下記のポイントをおさえておきましょう。

【カセットコンロの選び方】

  • 連続燃焼時間が長いもの
  • 火力
  • 安全性の高さ

それぞれの項目について詳しく解説します。

連続燃焼時間が長いもの

1本のカセットボンベで使える時間は、カセットコンロごとに異なります。一般的には、連続燃焼時間60分前後が主流です。なるべく連続燃焼時間が長いものを選ぶと、料理の途中で燃料切れになる心配はありません。

火力

カセットコンロを選ぶときは、火力も大切です。調理用として考えているなら、「2500kcal/h(2.9kW)」以上は欲しいところです。火力を確認したい場合は、商品ページを見たり、販売元に問い合わせたりなどがあります。

「2500kcal/h(2.9kW)」は、あくまでも目安であるため、ご自身の用途に見合う火力であれば十分です。

安全性の高さ

カセットコンロはガスを扱うので、小さくても危険であることには変わりません。なるべく安全装置が搭載されている商品を選びましょう。

なかでも、カセットボンベの圧力が異常に上昇すると自動でガスを遮断する「圧力感知機能」や、点火のつまみが「消」になっていないとボンベが設置できない商品もあります。

【停電時オール電化でも安心】カセットコンロのおすすめ商品3選

選び方をふまえて、カセットコンロのおすすめ商品をご紹介します。利用者のレビュー・口コミもご紹介するので、参考にしてみてください。

イワタニ 達人スリム

出典:Amazon

類似商品の中でも非常に薄型の設計になっているカセットコンロです。

おすすめポイント①火力が効率的に維持されるシステム

本商品はヒートパネル方式を利用しているため、ガスを使い切ることが可能。さらに、炎の出口を縦型にすることで、火力を最大限に利用することができる設計になっています。

おすすめポイント②薄型で持ち運びやすい

テーブル上に置いた時に、テーブル面から五徳の最上部までの長さがわずか7.4cmと非常に薄型。災害時などは、生活用品を持ち出さなければならず荷物が嵩張りがちですが、本商品は最低限の薄さになっているので、他の荷物を圧迫しません。

利用者からのレビュー・口コミ

てこちらと、こちらにあうイワタニのたこ焼き用プレートを揃えました。夫婦ともに関西出身ではなく、たこ焼き経験なかったのですが、あっと言う前に焼けるし、なんなら、直前に油を垂らして、銀だこ風に仕上げられるし、めちゃめちゃ重宝してます。関東出身の旦那が特にハマって明石焼きまで焼き始めました。あ、最後に、災害時の非常用にもガスこんろは1家に1台あって損は無いと思います!

引用:Amazon

アモルフォ

出典:Amazon

美しいデザインと安全に配慮した高機能性で、どこで調理するにも便利なカセットコンロです。

おすすめポイント①洗練されたデザイン

和・洋・中問わずどんなメニューともマッチする、シンプルにお洒落なデザインです。2010年度にはグッドデザイン賞を受賞。災害時に避難所生活を送る中で、カップラーメンなど火を使う工程のある調理を行う際にも心を落ち着けてくれるかもしれません。

おすすめポイント②安全性も抜群

吹きこぼれなど、なんらかの原因でコンロの火が消えてしまっても自動的に再着火するシステムが搭載されているのでガス漏れの心配がありません。また、ヒーパイプ式ボンベ加温機構を搭載しているので、ボンベのガスを最後までしっかりと使い切ることができます。

また、圧力感知安全装置で内部の異常高圧に自動対応したり、ボンベの着脱をより確実にするマグネット式を採用するなど、安全性に最大限配慮した設計となっています。

利用者のレビュー・口コミ

高級感は半端ないですね。ただ、値段相応かというと半額以下なら納得できるかなってレベルです。重いし!ガスボンベの蓋は固定でないし、単三電池いるし、手間と金のかかる商品です。

引用:Amazon

グリーンウッド

出典:Amazon

女性やお子様でも持ち運び可能な軽量デザインのカセットコンロ。使用時の安全対策もバッチリです。

おすすめポイント①移動に便利な軽量デザイン

本商品はカセットコンロとして十分な高機能を搭載していながら、1.6kgとカセットコンロとしては軽量なデザインになっています。そのため、バーベキューなどの道楽に持ち出す際はもちろん、非常時の調理など、火力が必要なシチュエーションで女性でも持ち運ぶことも可能です。

おすすめポイント②使用時の安全性を確保する設計

安全装置として圧力感知ガス遮断方式を搭載しています。本体の内部で異常に圧力が高まり、危険な状態になった際も自動で対応してくれるので、突然爆発を起こすなどの危険性がなく安心です。さらに、ヒートパネルを採用しているのでガスボンベの中身のガス残量が少なくなっても火力を維持します。

利用者のレビュー・口コミを紹介

他の製品と比べやすい。ボンベの接続はマグネット式でワンタッチ。火力も強くて鍋に最適、十分に背が低く鍋の中を覗きやすい。耐久性はこれからだけど2週間使ったが問題ない。欠点は強火にするとゴーッと音がするぐらい。とてもコストパフォーマンスが良い

引用:Amazon

まとめ

今回は3種類のカセットコンロを紹介してきました。急な地震やゲリラ豪雨などの災害時、避難所生活を強いられるなどの状況に出くわした際に、カップラーメンやレトルトカレーなどの非常食を常備していても、火が確保できないのは困りますよね。

近年ではカセットコンロも進化してきており、物資不足に陥りがちな被災地帯でガスボンベが手に入りにくくなっても、既存のガスボンベ内のガスを最後までしっかり使い切るための機能や各種安全機能などが搭載され、ますます使いやすくなってきています。

日常的にレジャーで使えるのはもちろん、非常時には欠かせないアイテムとなるカセットコンロ。今回の記事を参考に、ぜひ非常時に備えてカセットコンロの購入を検討してみてはいかがでしょうか。