アンドロイドテレビの選び方や人気のある商品を紹介!

今やテレビは番組を見るだけではなく、コンテンツを楽しむというスタイルに移行しつつあります。代表的なコンテンツを挙げますと無料で楽しめる物であればyoutubeや有料で楽しみたい場合は有料道が配信サービスのNetflixがあります。しかしコンテンツを楽しむためにはテレビが対応してないといけません。そこでアンドロイドテレビについて紹介します。

アンドロイドテレビの基本情報

アンドロイドテレビとは

アンドロイドテレビって何?普通のテレビと何が違うの?という風に思われる方は決して少なくないと思います。アンドロイドテレビはGoogleが提供しているアンドロイドを搭載しているテレビのプラットホームです。

これだけではどういうこと?と思う方は多いのではないかと思いますが、大雑把に述べれば、テレビとアンドロイドのスマートフォンが合体したようなイメージです。

これまでのテレビは「テレビ番組を視聴する」のが主な利用目的です。そしてスマートフォンは電話やメールをするのはもちろん、インターネットを利用して調べごとや動画を見ることが可能です。

これらの機能を融合したのがアンドロイドテレビです。アンドロイドテレビではテレビを視聴するのはもちろん、インターネットに接続されていると、テレビだけでインターネットを利用したサービスを利用可能です。

アンドロイドテレビのメリット

アンドロイドテレビのメリットは様々ですが、代表的なことといえば、これまでスマートフォンでできていたことがテレビでできるようになるという点です。

スマートフォン同様、テレビでアプリケーションをダウンロードすることによって、様々なサービスを利用できるようになります。

具体的にはtwitterやInstagramなどのSNSサービスを利用できるようになったり、特にメリットとして感じやすいのはサブスクリプションとも言われる動画配信サービスではないでしょうか。

テレビでサブスクリプションを利用することによって、スマートフォンやパソコンなどの液晶サイズではなく、大画面で動画を楽しめるというのはアンドロイドテレビの大きな魅力といえるでしょう。

アンドロイドテレビで何が見れるのか

アンドロイドテレビで何が見れる映像作品は様々です。通常の地上波放送を視聴することはもちろん、契約次第ではBSやCSもみられます。

サブスクリプションによる動画視聴が流行しておりますが、NetflixやU-next、アマゾンプライム作品やDTVなどの動画配信サービスの視聴もテレビだけで可能です。

これまではスマートフォンやパソコンでアクセスして視聴していたという方も、アンドロイドテレビがあればテレビでそれらのサービスに接続して動画を見ることができるのです。

また、YouTubeをテレビで簡単に見ることもできます。何が観れて何がみれないのかというところが気になるところでしょうが、アンドロイドテレビはインターネットへの接続ができ、いわゆるネットサーフィン的なこともできるのです。

そのため、いままでスマートフォンでみていたYouTubeやその他のサブスクリプションによる映像作品、はたまたネット記事などをテレビで見ることができるのです。

アンドロイドテレビ対応テレビの選び方

アンドロイドテレビが便利そうだから欲しいと考えても、実際にどうやって選べば良いのか、どの機種が自分に合っているのかというのはパッと見でなかなか分かるものではありません。

そこで、様々な観点からアンドロイドテレビを選び方を紹介しますので、参考にして頂ければと思います。

パネルから選ぶ

アンドロイドテレビを選ぶ観点は様々ですが、その一つにパネルが挙げられます。一昔前と違い、地上デジル放送が一般的となった今では、解像度が信じられないほど向上したと言えます。

パネルの種類は様々で、一般的にはHD、フルHD、4K、8K、などがあり、この順番の通りに美しい映像を映し出してくれます。4Kというと高画質なパネルで聞き馴染みがあるでしょうが、それ以上に8Kのパネルはより精細な映像を映し出すのです。

画素数でいうとHDは90万画素で、フルHDは約200万画素となっており、これが地上デジタル放送などで使われている解像度ですので、普通にテレビをみたり動画視聴をしたりする分にはフルHDで全く支障ありませんし、むしろ十分と言えるほど高画質で視聴することができます。

8Kとなると4Kの4倍もの高画質の性能を持つパネルとなっており、近距離でテレビを見ても綺麗というほか。奥行きすらも美しく感じられるほど高画質で映像作品を楽しむことができるのです。

アンドロイドテレビを選ぶ時、いわゆる「画質」を重視したい方であればパネルの性能を選ぶ観点の軸にするのが良いでしょう。ただ、4Kや8Kなどの高画質パネルは、決まってパネルのサイズも限定される傾向にあります。

そのため一人で利用するケースや、寝室にちょっとおきたいというシチュエーションでは、思っているよりも大きいテレビになってしまうため、画質とサイズの兼ね合いも考える必要があります。

インチで選ぶ

アンドロイドテレビに限った話ではありませんが、テレビを購入する時に適切な「インチ」から選択することはとても大切です。適切な視聴距離を保つ事が綺麗に楽しくテレビを見ることにつながるからです。

画面サイズは大きい方が良いと思われる事もあるかもしれませんがそうではありません。自宅のソファの位置に対してインチが大きいと目や首が疲れます。これは映画館の最前列で見るのと似たようなものでしょう。

目安としては、画面の高さ×3くらいの距離が視聴位置であるとちょうど良いです。一般的な家庭で、リビングに設置するインチとしては32V型が人気ありますし、セカンドテレビとしては24V型以下くらいですとちょうど良いサイズ感です。

大きさにこだわらず、アンドロイドテレビのご購入を検討している場合にはまず、ご自宅の定位置とテレビとの距離を測ってみてはいかがでしょう。その距離に応じてサイズを選ばれることをおすすめします。

価格で選ぶ

アンドロイドテレビの選び方として価格を重視する方法があります。インチや画質などよりも、むしろ予算にあったテレビを選びたいという方も多いのではないかと思います。

アンドロイドテレビの価格帯には幅があります。いくつか例にあげますと、人気のあるSONY BRAVIAシリーズの55インチですと15万円ほどの価格、ややお手頃価格に抑えるとシャープのAQUOS40インチで約7万円で販売されています。

そして安さ重視にしますとTCLの32インチで約26,000円というのもあるように、アンドロイドテレビの価格はインチやメーカーによって大きく異なってきます。

ただ、価格だけを重視して選ぶというのはあまりおすすめしません。それこそ価格が安いテレビはサイズが小さかったり、高いものに比べて画質がやや優れていなかったりする傾向があります。

せっかくアンドロイドテレビで地上デジタル放送やその他映像作品を楽しみたいというのに、満足できない画質であったり、自宅の視聴環境に適さないサイズ感だったりするとガッカリしてしまいます。

高いものが良いという話ではなく、せっかくの買い物ですしテレビは長く使っていく家電製品なので、少しの価格の差であればあまり妥協されないことをおすすめします。

画質を重視して選ぶ

アンドロイドテレビを選ぶ時に考えるべきこととして「画質」が挙げられます。これはいわばテレビの「パネル」を選ぶのと同じことではありますが、テレビについてあまり詳しくない方にとってはパネルの種類というよりも画質といった方がしっくりくる方も多いかと思います。

テレビにおける画質の差というのは「HD、フルHD、4K、8K」で比べられます。この順番でいうとHDから8Kに向かって画質がだんだんと良くなっていきます。

画面の解像度は画面の縦横の総画素数で表され、例えばHDでいうと1,920×1,080、4Kですと3,840×2,160となっており、総画素数が大きければ大きいほど細かく精細な映像となるのです。

地上デジタル放送を見るだけで画質にはさほどこだわらないという方であればフルHDで十分なスペックです。対してNetflixなどのサブスクリプションを楽しみたい、より精細で美しい画質で映像作品を楽しみたいという方であれば4K価格を気にせず8Kを選ぶのもありかと思います。

メーカーから選ぶ

テレビの購入を検討している方は、「メーカー」を判断材料とされる事も決して珍しいことではありません。アンドロイドテレビにおいても同様です。テレビメーカーはたくさんありますが、すべてのメーカーがアンドロイドテレビを出しているわけではありません。

アンドロイドテレビを出しているテレビメーカーは「SONY」「TOSHIBA」「Panasonic」「SHARP」「LG」などがあげられます。メーカーによってアンドロイドテレビの特徴は分かれており、例えばSONYの場合、YouTubeやAbemaTVの専用ボタンがあって簡単アクセスできるなど連携機能に力が入っています。

Panasonicは比較的わかりやすいUI(ユーザインタフェース)となっており、テレビに関して詳しくない方も扱いやすい傾向にあります。その他にもSHARPにはAI機能が搭載されているなど、各メーカによって強みがありますので、その点で比較してみるのも良いでしょう。

機能から選ぶ

アンドロイドテレビを選ぶ時はご自身の使い道にあった「機能」があるテレビの方が良いです。例えばYouTubeをさっと観れるテレビが良いということであれば連携ボタンのあるSONYが良いですし、対応機能が多いテレビをお探しであればTOSHIBAがおすすめです。

UIのわかりやすさでいうとPanasonicやLGがよく、LGに関してはAIが搭載されていたり、スマートフォン画面をオーバーレイ表示できたりする機能もあります。

機能に関してはアンドロイドテレビの機種によって違いますし、メーカーによっても特色がはっきり分かれてる傾向がみられます。

ただ注意点としては便利機能の反面、読み込みが遅かったりUIが悪かったりするほか、スマートフォン連携にあまり適していなかったりする機種もあります。

便利以外の部分にも目を向けて、重視する要素に優先順位を立てて選ばれることをおすすめします。

映像作品を楽しむのにおすすめアンドロイドテレビを紹介

SONY BRAVIA

SONY BRAVIAは他メーカー製品に比較して「高音質設計」であるのが特徴の1つです。BRAVIAは背面の左右にアクチュエーターとサブウーハが取り付けられており、力強く臨場感のある音声を楽しめます。

また、トリルミナスディスプレイを採用しており、色の再現領域が広いのも特徴です。より高音質で鮮明な画質を楽しみたいという方であればSONY BRAVIAはおすすめの製品でしょう。

シャープ AQUOS

SHARPのAQUOSはパネルに力を入れている傾向があり、4原色技術によって豊かな色を表現する画質を楽しめます。また高速応答性の高いUV2A技術によって高いコントラスト比を実現しているなど、映像作品をより質の高いものとして楽しむ事が可能です。

もちろん、無線LAN内蔵なのでワイヤレスでインターネットなどを楽しめます。

フナイ スマートテレビ

フナイのスマートテレビは他製品に比較すると画質が良い点、そしてバックライトが明るいため映像がより鮮明に見える特徴があります。そしてなにより、アンドロイドテレビを欲しいとご検討している方にとって、フナイのテレビは他メーカーに比較して安い傾向にあります。

それも5万円など大幅に安い価格で購入できる事が多い為、低コストで良いテレビを買えます。

TCL スマートテレビ

TCLのテレビにおける強みはやはり他にはない価格でしょう。TCLは1981年創業の中国メーカーで、49インチで47,000円、43インチでも39,800円と驚きの価格で大きなテレビを購入できます。

画質は価格に対して高画質で高い評価を受けており、HDRモデルも販売されています。優れた機能と飛び抜けた高画質な映像を求めているわけではなければ、TCLのテレビはとてもコストパフォーマンスに優れたアンドロイドテレビと言えるでしょう。

アンドロイドテレビを楽しむために

最低限必要な付属品

アンドロイドテレビを視聴するのには特別な付属品が必要ということはありません。ただ、最低限アンドロイドテレビの機能を活用するという意味合いでは最低限「インターネット環境」は必要と言えます。

ということを考慮すると映像作品などを見るのに必要な付属品はインターネットを利用するのに必要なルーターが挙げられるでしょう。インターネット環境が整っていて初めて、アンドロイドテレビの利便性を体感できます。

必要なアプリケーションは?

アンドロイドテレビをより一層楽しむのにはアプリケーションをインストールすることをおすすめします。例えばAirScreenというアプリケーションはiPhoneの画面をテレビ画面に映し出すのに便利なアプリケーションとして知られます。

また、様々な映像作品を楽しむのにTVerやGyaoなどのアプリケーションはとても人気があります。初心者はあまりピンとこないかもしれませんが、アンドロイドテレビはスマートフォンと同じよう、便利なアプリケーションを入れて便利に活用することをおすすめします。

アンドロイドテレビで充実した毎日に

今やテレビは一昔前のテレビとは違い、まるでスマートフォンやパソコンのように扱うことのできる電化製品となりつつあります。

アンドロイドテレビはインターネット接続に加えて、便利なアプリケーションをインストールすることにより、かなり便利に使えるものへと進化していっています。

まだアンドロイドテレビを持っていないという方は、これからの時代に乗っていくためにも是非アンドロイドテレビの導入をご検討されてみてはいかがでしょう。