スマホスピーカーの選び方とおすすめ商品3選|使用感も徹底解説

スマホスピーカーは、その名の通りスマートフォンに接続して使用するスピーカーです。スマートフォンのスピーカーよりも高音質で音楽を楽しめます。

そこで今回は、スマホスピーカーの選び方とおすすめ商品をご紹介します。商品の特徴や魅力はもちろんのこと、使用感についてもレビューするので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホスピーカーを使うメリット

charging smartphone beside smartwatch

スマホスピーカーがあれば、スマホでそのまま音楽を聞くよりも大音量、高音質で音楽を楽しめるのが最大のメリットです。

Wi-FiやBluetooth対応のモデルはスマホとスピーカーを数メートル離しても音楽を再生できるため、好きな場所にスピーカーを設置して遠隔で音楽を再生できます。

バッテリーが内蔵されているモデルであれば、自由に持ち運んで車の中やレジャーなどの様々なシーンで気軽に音楽を聞けるのも魅力 。また防水仕様のものであればキッチンやお風呂の中でも使えます。

スマホスピーカーの選び方

black JBL portable speaker

スマホスピーカーを選ぶときは、以下の項目をチェックしておきましょう。

【スマホスピーカーの選び方】

  • 対応コーデック
  • 出力
  • 再生可能時間
  • 防水機能
  • サイズ

それぞれの項目について詳しく解説します。

対応コーデックで選ぶ

Bluetooth接続タイプのスマホスピーカーを選ぶとき、対応コーデックを確認しておきましょう。コーデックとは、音源データを転送する際に圧縮する方式を指します。

スマホスピーカーに利用されているコーデックは標準のコーデックである「SBC」、それ以外にも音質の良いものから順に「LDAC」「aptXHD」「aptX」「AAC」があります。

「aptX」「aptXHD」はAndroid端末で使用されることが多く、「AAC」はappleの端末で使用される規格です。「LDAC」対応のスピーカーであれば、ハイレゾ音源にも対応できます。転送する側のスマホと、受け取る側のスピーカーがそれぞれ同じでないと対応させることはできないため、自分のスマホの規格をチェックしておきましょう。

出力で選ぶ

スマホスピーカーは、W(ワット)で表示されており、数字の大きいものほど最大出力が大きくなるのが特徴です。出力の大きいものはサイズも大きくなりがちなので、外出先でスマホスピーカーを利用したい方や携帯性を重視する方は、手軽に持ち運べるサイズで3W以上のものを選びましょう。

自宅のみで利用する方や、大音量で音楽を楽しみたいという方は10W以上のものを選ぶとパワフルなサウンドを味わえます。自分がどのようなシチュエーションでスマホスピーカーを使いたいかを考えて、用途にあったサイズや出力のものを選びましょう。

再生可能時間で選ぶ

スマホスピーカーを外へ持ち運んで使用するなら、バッテリーの駆動時間が10時間以上のものを選ぶのがおすすめです。駆動時間が10時間以上のものであれば、外出先でも充電切れを心配することがないので安心。また、頻繁に充電する手間を省きたい方にも最適です。

ただし、長時間駆動に対応しているスマホスピーカーは本体サイズも大きくなる傾向があります。あくまでも持ち運びやすさや出力を確認したうえで、できる限り駆動時間が長いものを選びましょう。

防水機能の有無で選ぶ

お風呂やキッチンなどの水回り、天候が変化しやすいアウトドアレジャーでスマホスピーカーを使用する場合は防水機能付きのモデルを選びましょう。

防水性能のレベルはIPS0〜8の9段階で示されており、濡れる可能性がある場所で使う場合は生活防水程度のIPX4以上のモデルが最適。アウトドアやお風呂など確実に濡れる場所で使用する場合は、IPX7以上の完全防水モデルを選ぶのがおすすめです。

「せっかく購入したのに水に濡れて壊れてしまった」ということがないように、スマホスピーカーを選ぶ利用したい環境によって選ぶべきモデルが異なります。商品詳細などを確認して、確実性の高い防水基準をクリアしたものを購入しましょう。

商品のサイズで選ぶ

スマホスピーカーは部屋に設置して使うようなサイズの大きいモデルから、どこへでも持ち運びしやすい小さいモデルまで幅広いサイズのものが販売されています。

小型のモデルは上記でも説明したように携帯性に優れているので、外出時にスマホスピーカーを使用したい方におすすめ。また部屋の中であっても場所を選ばないので、デスクのなどにスピーカーを置いて使用できます。

サイズが大きいモデルは、小さいサイズのものより携帯性は劣りますが、出力が大きくて高音質のモデルが多いのが特徴です。また、500mmのペットボトル程度の中型のモデルは、音質と携帯性のバランスがとれたものがたくさんあります。小型スピーカーと大型スピーカーで迷っている方は、中型スピーカーもチェックしてみましょう。

スマホスピーカーのおすすめ商品3選|使用感もレビュー

black iphone 5 on black iphone case

ここからは、スマホスピーカーのおすすめ商品をご紹介します。商品の特徴や魅力はもちろんのこと、以下の項目ごとに使用感についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

【評価項目】

  • 音質:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★★★
  • バッテリーの持続:★★★★★
  • 持ち運びやすさ:★★★★★
  • コストパフォーマンス:★★★★★

それぞれの項目を★5点満点で評価します。

Anker

Anker独自技術である「BassUpテクノロジー」を搭載したスマホスピーカーです。幅広い音色と深みのある低音を楽しめます。大容量のバッテリーが搭載されており、最大24時間の連続再生が可能です。またスピーカー自体のバッテリー残量は、Bluetoothペアリング中のスマートフォンやタブレット端末から確認できます。

従来モデルに改良を加え、IPX7の防水設計に。自宅はもちろんのこと、キャンプなどのアウトドアシーンでも活用できます。接続が安定しているため、いつでもどこでも音楽を楽しめます。

【総合評価】★4.4|コストパフォーマンス最高のスマホスピーカー

【評価】

  • 音質:★★★★☆
  • 使いやすさ:★★★★☆
  • バッテリーの持続:★★★★★
  • 持ち運びやすさ:★★★★★
  • コストパフォーマンス:★★★★☆

それぞれの項目について詳しく解説します。

【音質:★★★★☆】

この価格帯で本当に音質が良いのか不安だったのですが、とてもいい音を出してくれます。特に重低音の響き方は素晴らしく、ボリュームパワーもあるので満足です。

【使いやすさ:★★★★☆】

小さくてどこにでも置けるのが便利。野外では土面やコンクリートなど、どこに置いても音楽が楽しめます。また、操作やペアリングも思っていたより簡単なのも驚きました。ただ、電源オンオフの際に毎回大きい効果音がなるので、場所を選ぶ必要があります。

【バッテリーの持続:★★★★★】

バッテリーの持続は文句なしの★5満点評価。バッテリーは一度フル充電すると1日中使えます。バッテリーが長持ちするので、外に持っていく際も安心して使えそうです。

【持ち運びやすさ:★★★★★】

コンパクトサイズかつ防水機能やワイヤレス接続が付いているので、持ち運びが簡単。雨にも強いのでアウトドアでも活躍するはずです。

【コストパフォーマンス:★★★★☆】

丸みを帯びたフォルムがとてもお洒落です。コンパクトで持ち運びも簡単で、値段の割に音質もとても良く感じました。充電する頻度も少なくて助かります。

JBL

「JBL」らしい新開発の楕円形スピーカーユニットを搭載したスマホスピーカーです。取り出しやすい片手サイズに加えてて、防水IPX7を採用。リビングはもちろんのこと、台所やお風呂などでも使用できます。

最新ワイヤレス機能である「JBL PARTY BOOST」を搭載しており、高音から低音まで鮮明に表現します。音の遅延や途切れも起こりにくいのが嬉しいポイントです。連続約12時間以上のワイヤレス再生を実現させているので、バッテリーを気にすることなく音楽を楽しめます。

【総合評価】★4.4|スタイリッシュかつ音質が抜群

  • 音質:★★★★☆
  • 使いやすさ:★★★☆
  • バッテリーの持続:★★★★☆
  • 持ち運びやすさ:★★★★★
  • コストパフォーマンス:★★★★★

それぞれの項目について詳しく解説します。

【音質:★★★★☆】

重低音が評判とのことで気になっていたスピーカー。ドラムやベースの音が本当によく聴こえるので、低音好きな方におすすめです。このサイズだと無理やり低音を強調させようとバランスの悪い音作りになりがちですが、それも全く感じません。

【使いやすさ:★★★★☆】

直感的に操作できるように設計されているので、説明書がなくても操作が分かりやすくいのが特徴。Bluetoothでの接続も専用アプリから簡単にできるため、設定が苦手な方でも安心です。

【バッテリーの持続:★★★★☆】

音楽を最大音量で聴くことが多く、その場合6〜7時間でバッテリーが切れてしまうので★4の評価です。自宅だけではなく、キャンプやBBQなどのシーンでは使えそうですね。

【持ち運びやすさ:★★★★★】

片手でも持ちやすい円筒型デザインに加え、大きさも500mlのペットボトル程なので女性や子供でも持ち運びができます。自転車や自動車のドリンクホルダーに収められるのでとても便利です。

【コストパフォーマンス:★★★★★】

デザインの良さや直感的な操作感、持ち運びやすさ、音質が抜群。この価格帯とは思えないほどコスパがいいのでおすすめです。

SONY

響き渡る高音質と圧倒的な重低音が特徴的なスマホスピーカーです。SNOY製品ならではのコンサートホールにいるような音を楽しめます。本体はファブリック素材を採用。防塵はもちろんのこと、防水や防錆性にも優れています。

持ち運びにも便利な大容量バッテリーを搭載。「STAMINAモード」では24時間再生、「EXTRABASSモード」は14時間の連続再生ができます。自宅用はもちろんのこと、ビーチやキャンプ、バーベキューなどのシーンもおすすめです。

【総合評価】★4|自宅がコンサートホールに早変わり

【評価】

  • 音質:★★★★★
  • 使いやすさ:★★★☆
  • バッテリーの持続:★★★★★
  • 持ち運びやすさ:★★☆☆☆
  • コストパフォーマンス:★★★★☆

それぞれの項目について詳しく解説します。

【音質:★★★★★】

他のメーカーのスピーカーと比べても音のバランスがとても良く、中高音がきれいに響きます。そのうえEXTRA BASSモードは洗練された重低音が鳴ります。POPやロックだけでなくクラシックが好きな方におすすめしたいモデルです。

【使いやすさ:★★★★☆】

AACなどのコーデックにも対応しているため、iPhoneやMacBookとも相性がいいです。Bluetooth5.0に対応しているのも評価できます。

【バッテリーの持続:★★★★★】

バッテリーの駆動時間が最大24時間なので、こまめに充電する必要がありません。また充電しながら使用できるので、残りのバッテリーを気にすることなく音楽を楽しめます。

【持ち運びやすさ:★★☆☆☆】

2リットルのペットボトル程のサイズで、想像以上に大きいのが残念なポイント。持ち運び用のスマホスピーカーとしては不便と感じるかもしれません。

【コストパフォーマンス:★★★★☆】

音質は低音から高音までとてもきれいです。特に高音は音質の良さが際立っているように感じます。値段以上のパフォーマンスなので満足できるはずです。