東京五輪の開催は決定的!?インバウンド対策に必須の自動翻訳機10選

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、本来2020年に開催されるはずの東京五輪が延期となりました。20221年2月現在も感染拡大に歯止めがかからず、「中止にするべきだ」という声がたくさん寄せられています。

しかし東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の「橋本聖子」会長は、東京五輪の延期や中止、そして無観客の開催に否定的な意見を述べています。

つまり海外からの観光客を受け入れて、経済の活性化を図ろうとしているのです。そこで今回は、海外の人とのコミュニケーションをとれるおすすめ自動翻訳機をご紹介します。インバウンド対策として、ぜひ活用してみてください。

【橋本聖子会長】東京五輪の中止や再延期を否定!無観客開催も想定せず

man on running field

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの方が不自由な生活を送っています。2021年3月時点では、東京・千葉・埼玉・神奈川の一都三県が緊急事態宣言の2週間延長を発表しました。

しかし東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は、以下のコメントを残しています。

無観客はシナリオの中でどうかと考えたとき、他の大会がお客さんを入れてやっているので、オリパラだけなぜ入らないのか、と絶対アスリートは思う

引用:朝日新聞

そして「開催することは昨年7月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まっている」と発言しました。

再延期について問われると、

IOCもIPC(国際パラリンピック委員会)も言っていない。延期で経費がかかっているという批判もある。(再延期は)国民の皆様に受け入れてもらえない

引用:朝日新聞

著名人が続々と聖火ランナーを辞退するものの、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会では予定通り開催することが決まっているようです。

東京五輪開催によるインバウンド需要は期待できる?

りそな総合研究所によると、「施設の再手配などを中心に新たな費用は発生するものの、中止ではなく延期であるため、効果自体が1年スライドする形になる」と言われています。

しかし新型コロナウイルスの影響で、2020年から訪日客数は大きく減少しています。このまま東京五輪が有観客で開催された場合、間違いなくお店は訪日外国人の奪い合いになるでしょう。

インバウンド対策が勝負を決める

「インバウンド対策」とは、これから訪日する外国人観光客に向けたサービスや準備をすることです。

具体的なインバウンド対策として挙げられるのは、以下の通りです。

【インバウンド対策】

・認知の拡大
・集客
・利便性の向上

それぞれの項目について詳しく解説します。

インバウンド対策①認知の拡大

まずは外国人観光客に対して、自社の商品やサービス、店舗を知ってもらう必要があります。そのためにはWebサイトの外国語対応はもちろん、SNSの活用、海外のホテル予約サイトなどへの掲載が挙げられます。

「自社では難しい」という場合は、クラウドソーシングサイトを活用してみましょう。ランサーズやクラウドワークスでは、外国語に長けている人材も多く、企業に依頼するよりも格安でWeb製作や外国語への翻訳をおこなってくれます。

インバウンド対策②集客

お店やサービスを認知してもらったら、そこから集客をしなければなりません。

広告費を払って宣伝をするのが一般的ですが、最近ではTwitterやInstagram、YouTubeなどのSNSを活用すること集客をすることができます。

そして重要なのは、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をしているかです。どんな対策をしているのか写真や動画で伝えることで、観光客も安心して訪れることができるでしょう。

利便性の向上

集客に繋がる重要なポイントとして、利便性も挙げられます。はじめて日本に訪れる人だった場合、母国語に対応しているサービスやお店だったら安心ですよね。

・外国語を話せるスタッフがいる
・外国語対応のメニュー表・看板
・キャッシュレス対応
・Wi-Fiの整備

などなど、業種によって利便性を追求するポイントはいくつもあります。

「飲食業界」「小売業界」「ホテル・宿泊業界」など、さまざまな業界がありますが、どの業界にも共通しているのが外国人とコミュニケーションをとることです。

しかし、いきなり外国語を話せるスタッフを雇うのは大変ですよね。そこでおすすめなのが、外国語を話せなくても外国人とコミュニケーションをとれる「自動音声翻訳機・通訳機」です。

自動翻訳機とは

man in grey crew-neck t-shirt smiling to woman on counter

自動翻訳機とは外国語を話せなくても共通言語で意思疎通ができるコミュニケーションサポートアイテムです。

一般的には旅先やビジネス用途として活用している人が多いですが、東京五輪の開催をきっかけに「飲食業界」「小売業界」「ホテル・宿泊業界」など、さまざまな業界で導入されています。

プロサッカーチームの「東京ベルディ」は、外国人選手同士のコミュニケーションを図るために、AI通信機「ポケトークS」を導入しています。

自動音声翻訳機を導入することで、通訳などのスタッフを雇う人件費を抑えることができます。「インバウンド対策をしたいけど、あまりお金をかけたくない!」という人の目的を叶えてくれるアイテムです。

自動音声翻訳機の選び方

person browsing on white monitor

自動音声音訳機を選ぶときは、以下のポイントをおさえておきましょう。

【自動音声翻訳機の選び方】

・対応言語
・双方向翻訳機能の有無
・オフライン・オンライン
・ディスプレイの有無
・稼働時間

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

対応言語をチェック

翻訳機は商品によって対応言語が異なります。英語や中国語など数カ国だけに対応しているものもあれば、数十カ国もの言語に対応した機種もあります。

海外旅行や出張など、行き先が決まっているならその国に対応したものを選ぶだけで良いのですが、東京五輪となると、どんな国の人が訪れるかわかりません。どんな国の人にも対応できるように、なるべく対応言語の数が多い商品を選びましょう。

WebHack編集部がおすすめするのは「ポケトークS」です。

ポケトークの凄いところは、圧倒的な対応言語です。世界各国の61言語を音声とテキストに、21言語をテキストに翻訳します。英語や中国語はもちろん、ロシア語やポルトガル語などの合計82言語でコミュニケーションがとれるのです。

双方向翻訳機能の有無

翻訳機は「一方向タイプ」と「双方向」タイプのものがあります。それぞれ使用感が異なるので、あらかじめ特徴を把握しておきましょう。

一方向タイプは日本語から外国語のみに対応

一方向タイプは日本語から外国語のみに対応したタイプです。こちら側の意思は伝えられるのですが、相手の意思は自分で聞き取る必要があります。

深いコミュニケーションを楽しめるものではないので、インバウンド対策としては不向きでしょう。

双方向タイプはお互いの言語を翻訳できる

インバウンド対策として購入するなら、双方向タイプがおすすめです。日本語から外国語、外国語から日本語を翻訳できるので、相手とコミュニケーションをとることができます。接客をする場合は双方向タイプが便利ですね。インバウンド対策はもちろんのこと、海外旅行や出張などにもおすすめです。

オンライン・オフライン翻訳をチェック

音声翻訳機には「オンライン」と「オフライン」のものがあります。

・オンラインの特徴

【メリット】翻訳精度が高い、対応言語が多い

【デメリット】インターネット環境がないと使用できない

・オフラインの特徴

【メリット】翻訳スピードが早い、ネット環境がなくても使用できる

【デメリット】翻訳精度が低く、対応言語が少ない

「よく分からないから、状況に応じて使い分けたい!」という人は、「LERANDA MINITALK T11」のようにオンラインとオフラインが搭載された機種がおすすめです。

液晶ディスプレイの有無

液晶ディスプレイが搭載されている音声翻訳機の場合、翻訳した言語をテキストとして表示することができます。人の多い場所や周囲の環境音がうるさい場所でも、テキストがあれば視覚的に情報を伝えることができます。

また自分の言葉が正しく翻訳されているのか確認できるため、外国語を勉強するときにも便利です。

稼働時間

頻繁に音声翻訳機を使っていると、いきなりバッテリーが切れてしまう場合があります。お店などであればそれほど重視する必要はありませんが、外出先で使用する場合は、連続稼働時間も確認しておきましょう。

インバウンド対策にもぴったり!音声翻訳機のおすすめ商品10選|機能性や使い勝手を比較

woman holding white labeled plastic bottle

ここからはインバウンド対策としても活用できる、おすすめの音声翻訳機をご紹介します。

今回ピックアップした商品は、以下の通りです。

商品 対応言語 翻訳方法 ディスプレイ 連続使用時間 価格
ポケトークS 82言語 双方向 あり 約132時間 36,058円
LERANDA MINITALK T11 106言語 双方向 あり 約8時間 23,999円
Langogo 104言語 双方向 あり 約6時間 26,180円
Mayumi3 86言語 双方向 あり 約7時間 29,502円
ポケトークW 74言語 双方向 あり 約7時間 8,800円
MARSHAL 41言語 双方向 あり 約8時間 9,280円
TAKUMI JAPAN 72言語 双方向 あり 約6時間 7,800円
インスタントテクノロジー 40言語 双方向 あり 約6時間 2,980円
EasyTalk 38言語 双方向 あり 約8時間 7,280円
RADITALK 48言語 あり 約8時間 7,200円

※2021年3月現在の価格です(Amazon参照)
※価格は変更される場合があります

商品によって対応言語や使用時間、価格に違いがあることがわかりました。

ここからは各商品の特徴や魅力、翻訳精度にについて解説します。おすすめ順に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング1位|ポケトークS

翻訳性能 ★★★★★
機能性 ★★★★★
使い勝手 ★★★★★

「世界中の方々と言語でつながれるように」をコンセプトに作られた音声音訳機です。翻訳性能の高さと豊富な機能性が話題で、Amazonのベストセラー1位を獲得しています。

【日本語】年末年始に海外旅行をする人が73万4,000人になる見通しです。成田空港では、年末年始の海外旅行者の出国のピークは12月29日で、入国のピークは1月3日になる予想です。【英語】It is expected that 734,000 people will travel abroad at the end of the year at Narita Airport. The peak of the departure of New Year’s holiday from the end of the year is December 29th, and the peak of entry is expected to be January 3rd.

このようにニュース原稿のような長文も正確に訳すことができます。

特徴的なのはカメラ翻訳機能です。ポケトークに搭載されているカメラでテキストを撮影すると、55の言語を自動で認識して翻訳してくれます。液晶ディスプレイもあるので、視覚的に翻訳された情報を把握できるのも嬉しいポイントです。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング2位|LERANDA MINITALK T11

翻訳性能 ★★★★★
機能性 ★★★★★
使い勝手 ★★★★★

主要言語である英語と中国語を含めた106言語に対応した音声翻訳機です。オンライン・オフラインどちらにも対応しているので、シーンに応じて使い分けることが可能。オフラインの状態でも8言語を翻訳できます。

カメラで撮影したテキストをOCR(光学文字認識)技術で読み取り、瞬時に画面上で翻訳できます。ポケトークSよりもリーズナブルなのは魅力的ですが、連続使用時間が劣るのはマイナスポイントです。

店内での使用を考えている人や、対応言語の数を求めている人におすすめです。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング3位|Langogo

翻訳性能 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
使い勝手 ★★★★★

音声翻訳機だけではなくモバイルWi-Fiルーターとしても活用できるアイテムです。英語やドイツ語、中国語、韓国語など合計104言語に対応しています。

本体にはノイズキャンセリング機能が搭載されており、周囲の声や環境音をおさえながら翻訳します。驚くのは、たった1秒での即時できるスピード感です。本当に会話をしているテンポで翻訳をしてくれるので、外国人とのコミュニケーションも円滑に進みます。

本体のWi-Fiは4F通信が可能。海外旅行や出張などのシーンでも大活躍します。機能性を重視するあまり、連続使用時間が約6時間と短いのはマイナスポイント。バッテリーを改善できたらもっと高評価できました。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング4位|Mayumi

翻訳性能 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
使い勝手 ★★★★★

86言語を翻訳できるアイテムです。カメラ翻訳やグループ翻訳、録音翻訳などが搭載された多機能モデルとして、主にビジネスシーンに活用されています。双方向の翻訳を採用しているので、訪日観光客とのコミュニケーションも問題なくおこなえるはずです。

翻訳精度は★4評価!英語翻訳の精度が微妙なところです。たまに誤って翻訳してしまうので★を1つ減らしました。しかし中国語や韓国語、イタリア語などは適切に翻訳できました。

液晶ディスプレイが広く操作性は抜群。Wi-Fi機能も搭載されているので、インバウンド対策だけではなく海外旅行にも活用できますね。またオフライン翻訳も対応しているため、インターネット接続ができなくなっても使用可能です。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング5位|ポケトークW

翻訳性能 ★★★★☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★★★

音声翻訳機の人気シリーズ「ポケトーク」から販売されている商品です。ランキング1位の「ポケトークS」には及ばないものの、こちらの商品もかなり高性能モデルとして人気になっています。

対応言語は74言語。英語や中国語、韓国語、イタリア語など幅広い言語に対応しています。翻訳性能はあと一歩というところ。やはりポケトークSの精度には勝てませんでした。しかし日常的に使用するなら、問題なく使える印象です。

ポケトークシリーズの魅力である翻訳スピードは健在。1秒足らずで翻訳をしてくれるので、リアルタイムで会話をしているように感じます。使用中のストレスがないのも嬉しいポイントですよね。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング6位|MARSHAL

翻訳性能 ★★★★☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★★☆

41ヶ国の言語に対応した音声翻訳機です。ボタンを押して話しかけるだけで、瞬時に音声とテキストに翻訳してくれます。双方向翻訳なので、コミュニケーションをとることも可能。数秒足らずで翻訳してくれるので、使用中のストレスも感じません。

英語の翻訳をしたときに適切に変換できないことがあり、何度もやり直す必要がありました。中国語や韓国は適切に翻訳できたので、言語によって得意・不得意が分かれるみたいです。アジア圏の人の対応なら問題なくできるでしょう。

上位にランクインした商品と比べると、やや液晶ディスプレイが小さくて文字が見にくいのが難点。総合的な使い勝手は★4評価にしました。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング7位|TAKUMI JAPAN

翻訳性能 ★★★★☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★★☆

双方向かつ72言語に対応した音声翻訳機です。スマートフォンのような設計が特徴で、誰でも簡単に使い熟すことができます。オンライン・オフライン両方に対応しているので、インターネット接続が不安定な環境でもスムーズに翻訳できるのが魅力です。

英語の翻訳性能は誤りが多く、何度もやり直す必要がありましたが、韓国語と中国語、ドイツ語は適切に翻訳できました。また連続稼働時間が約6時間と、上位機種に比べて劣っているので、使い勝手と機能性の評価を★4にしています。

音声翻訳機能だけではなくWi-Fiにも対応しているので、インバウンド対策や海外旅行のときにも活用できるはずです。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング8位|インスタントテクノロジー

翻訳性能 ★★★☆☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★☆☆

シンプルなボタン操作と双方向の翻訳に対応している音声翻訳機です。英語や中国語、フランス語だけではなく、アラビア語やオランダ語、ポルトガル語にも対応しています。重量は約69gとコンパクトかつ軽量なので、持ち運ぶときも邪魔になりません。

翻訳性能は平均以上という印象。英語の翻訳精度は低かったものの、他言語はしっかりと翻訳できました。翻訳までのスピードも早いので、相手とスムーズにコミュニケーションがとれるはずです。

コンパクト設計なので液晶ディスプレイも小さくなってしまったのは残念なポイント。テキストが表示されるのですが、覗き込まないと見えないこともあり、使いづらいと感じるシーンが多々ありました。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング9位|イージートーク

翻訳性能 ★★★☆☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★☆☆

最短0.5秒で翻訳できるスピード感が魅力の音声翻訳機です。翻訳スピードはもちろんのこと、音声入力の処理速度・性能が高いとわかりました。

韓国語や中国語などアジア圏の翻訳性能は高いものの、英語の翻訳が苦手な印象。何度もやり直すことで正しく翻訳してくれました。全体として翻訳性能は平均点と言えるでしょう。画面上には5000件まで会話履歴が記録されるので、過去の会話を閲覧・再生できます。

音声翻訳はもちろんのこと、Wi-Fi機能にも対応しているので、海外旅行や出張時にも活用できます。

音声翻訳機のおすすめ人気ランキング10位|RADITALK

翻訳性能 ★★★☆☆
機能性 ★★★★☆
使い勝手 ★★★☆☆

「RADITALK」は音声翻訳機の機能に加えて、海外のラジオ放送を聴くことができます。翻訳だけではなく外国語を勉強したいと思っている人におすすめです。現地ならではのコアな情報を入手する目的としても活用できます。

韓国語と中国語は平均点以上に翻訳してくれました。しかし英語の翻訳は苦手という印象。何度もやり直す必要がありました。またWi-FiやSIMに対応しているため、状況に応じた使い方ができます。

音声翻訳機としての機能だけではなく、ラジオが好きな人やプラスαの機能を求めている人におすすめです。

まとめ

今回はインバウンド対策におすすめの音声翻訳機をご紹介しました。外国人観光客を受け入れるためには「認知・集客・利便性の向上」が必須です。音声翻訳機があれば、世界各国の人とコミュニケーションがとれるので、最大限のおもてなしができるでしょう。

WebHack編集部がイチオシのアイテムは、「ポケトークS」です。対応言語の多さや翻訳精度はピカイチ。これさえあれば怖いもの無しと言えるでしょう。

他にもさまざまな商品があるので、ぜひ本記事の内容を参考に、ベストなアイテムを選んでみてください。