プログラミング初心者にオススメの言語5つを紹介!

「プログラミングを始めたいけど、なんの言語から学んでいけばいいかわからない…」

という悩みはありませんか?

プログラミングを学ぶことになっても、比較的簡単な方が良いし、人気のある言語を学びたいでしょう。

ということで今回は、初心者にオススメのプログラミング言語を紹介しようと思います!

学ぶべき言語を見つけるには

プログラミング言語は様々な種類があります。そして、言語によってできることや言語の得意なことが違います。

主に3種類の言語の使い方があります。

  • Webサイト系
  • Webアプリケーション系
  • アプリ/ゲーム系

まずは、自分が何のためにプログラミングを勉強するのかを明確にしましょう。そうしないと、途中で挫折しやすいです。

言語を選ぶ時は、

  • 分かりやすいか
  • どうか人気かどうか

という視点から探すのも良いでしょう。今回紹介するのは、その視点を考慮しています。

「まだなんの言語にしようか決まってないよ」という人は、HTML&CSSから学ぶのがオススメです。

何よりも先に学びたいHTML&CSS

HTML&CSSはWebページに表示するテキストや画像を書き、それを見やすくする言語です。細かくいうと、HTML&CSSはプログラミング言語ではありません。

WebサービスはHTML&CSSを使って作られることが多く、プログラミングの基本となる言語です。

どの言語においてもHTML&CSSの知識は必要になるので、なんの言語にしようか迷っていたり、学びたい言語が決まっていない人は、まずHTML&CSSから始めましょう。

HTML&CSSは他の言語に比べて簡単なので、HTML&CSSで、プログラミングとはどういうものなのかを学ぶことをオススメします。

HTML&CSSは独学でも学ぶことが可能です。勉強法はまず、Progateやドットインストールなどの無料サイトで学習しましょう。

書籍を買って学習することはオススメしません。理由は、無知の状態から書籍でプログラミングの勉強を始めると、文字の羅列でわかりにくく、挫折しやすいです。

なので無料サイトで、プログラミングはどういったものなのかを理解した上で、書籍を購入するようにしましょう。

オススメの言語

Java(オールマイティ)

まず1つ目は、Java(ジャバ)です。Javaは、ここ数年で、日本だけでなく海外でも、人気プログラミング言語で第一位をキープしている言語です。

Javaの特徴は、WebシステムやAndroidアプリ、一般企業で使用されるような業務システムから機械を制御するシステムまで、非常に幅広いシステム開発に採用されているという点です。

難易度でいうと、PHPに比べるとやや難しいです。しかし、Javaをマスターしてしまえば、他の言語を学ぶ際も、比較的に簡単に学ぶことができます。

今後も変わらずニーズが高いので、Javaを学んでみるのはいいでしょう。できることが多いので、Webサービスを学んでいくのがオススメです。

PHP(Webアプリケーション系)

2つめは、PHP(ピーエイチピー)です。PHPも人気のある言語の一つです。PHPの特徴は何と言っても、Webサービスに特化した言語です。さらに難易度もプログラミング言語の中では簡単です。

コードを書いたら実際に動く、という視覚的な満足を得られるので、挫折しにくく、初心者にオススメの言語です。

PHPを学ぶ時は、HTML&CSSやJavaScriptの知識も必要なので、一緒に学ぶようにしましょう。

Python(Webアプリケーション系)

3つ目は、Python(パイソン)です。これも人気のある言語の一つです。

Pythonの特徴は、人工知能やAIのプログラミングを得意とする言語であること。

FacebookやGoogleで採用されているということもあり、日本ではまだ需要が少ないですが、これからかなりニーズが高まると予想され、書籍も増えています。

C言語やJavaに比べて比較的簡単なので、これからプログラミングを学びたいという方にはオススメできる言語です。

JavaScript(Web系)

4つ目は、JavaScript(ジャバスクリプト)です。JavaとJavaScriptは名前が似ていますが、全く別の言語です。

JavaScriptの特徴は、動きをメインにしているので、退屈になるということが少なく、挫折しにくいという点。

難易度はそんなに高くはないですが、極めれば極めるほど、新たな問題が発生するので、JavaScriptだけを学習するのではなく、HTML&CSSやPHPなどのWeb系の言語と一緒に学習するのがオススメです。

Swift(アプリ/ゲーム系)

5つ目は、Swift(スウィフト)です。Swiftは2014年に開発された新しい言語です。

Swiftの特徴は、iOS向けのアプリケーションを開発するのを得意とする言語です。

新しい言語というのもあり、情報が少なく、難易度が高いですが、これからのニーズは高まるので、学習しておいて損はないでしょう。

「とにかくiPhoneアプリを作りたいんだ!」という思いがある方は、Swiftをすぐにオススメしますが、別にそうではないという方は、Swiftよりも。Javaなど他の言語を学ぶことをオススメします。

まとめ

他にもC#やRubyなどがありますが、何も学びたいものが決まっていないという方は、この5つの中から勉強し始めるのも良いでしょう。

プログラミングを勉強する際は、書籍で学習すると挫折しやすいので、Progateやドットインストールを使って学習し始めましょう。