IT,ICT,IoT,IoEの違いをわかりやすく説明します!

ITという言葉は一般的によく知られていますが、最近では、IoTやICT、さらには、IoEなどというITに関する言葉もよく見られるようになりました。

お仕事をしていく上で、それらの言葉の意味の違いを知っておくことは、かなり重要になってきます。

今回は、それらの言葉をしっかり区別できるように、言葉の意味を説明していこうと思います!

ITとは

ITとは、[Information Technology]の略です。日本語では、情報技術と訳されます。

これは、インターネットなどの通信と、コンピューターなどの情報機器を組み合わせて活用する技術の総称です。

主に、コンピューターのハードやソフトウェアから、システムの構築や情報通信関連のインフラや技術などがITに含まれます。また、パソコンや情報機器、インターネットを利用した業務効率化を実現する技術を指すこともあります。

「IT革命」という言葉を聞いたことはありますか?IT革命とは、IT技術が発展したことにより、社会全体に大きな変化が起こることです。

ICTとは

ICTとは、[Information and Communication Technology]の略です。日本語では、情報伝達技術、情報通信技術と訳されます。

ICTは、情報や知識の共有に焦点を当てており、「人と人」「人とモノ」の情報伝達といった“コミュニケーション”が重要視されています。

日本では、ITがよく使われていますが、国際的にはICTを用いるのが一般的です。

日本の行政でも、省庁を中心にICTが用いられるようになりました。

ITとIOCの意味はほぼ一緒

ここまでIT, ICTの説明をしましたが、実際、ITとICTの違いはほぼありません。

ITでも、ICTでも、インターネットやコンピューターはもちろん、スマートフォン、SNSなど、様々なデジタル技術やサービスを指すときに使われます。

ICTの方が、インターネットに人が携わっている印象が深く、未来ビジョンを話すときにICTが使われやすいです。

IoTとは

IoTとは、[Internet of things]の略です。日本語では、モノのインターネットと訳されます。

これは、モノをインターネットに接続して、相互に情報をやり取りすることで、遠隔で認識したり、計測したり、制御できるような仕組みのことです。つまり、モノがインターネットとつながる仕組みや技術のことです。

例えば、時計としてスマートウォッチがあります。それは、「時計」というものがインターネットと繋がったということです。

他にも、医療分野でIoTが活用されたり、スマホやタブレットで遠隔操作できる家電が増えています。これからも、様々な分野でIoTが活用されていくでしょう。

[IoTの活用事例26選] 身近なモノから都市での活用まで幅広く紹介! – WebHack
IoTの医療・介護での活用事例[医療介護産業はこう変わる] – WebHack

IoEとは

実は、IoTには関連する言葉があります。まず一つ目は、IoDです。IoDとは、「Internet of Digital」の略です。日本語では、デジタルのインターネットと訳されます。

これは、最初からインターネットにつながることを想定して作られたデジタル機器のことです。例えば、パソコンやスマートフォン、ゲーム機などが当てはまります。

2つ目は、IoHです。IoHとは、「Internet of Human」の略です。日本語では、人のインターネットと略されます。

これは、人もインターネットにつながるということです。つまり、人とモノが通信したり、モノを操作する仕組みです。

それらを組み合わせたモノが、「IoE」です。IoEとは、「Internet of Everything」の略です。日本語では、全てのインターネットと略されます。

IoEは、モノだけではなく、人やデータといった、ありとあらゆるものをインターネットにつなげることを前提としたサービスやビジネスを指します。

ICTやIoTの今後のビジネス像

IT技術の発展で、IT革命が起き、人々の暮らしは効率化されました。

今まではIT技術とそこまで関わりがなかった分野や業界でも、今後ICTやIoTが携わるようになるでしょう。

まとめ

  • IT・・・情報技術
  • ICT・・・情報通信技術
  • IoT・・・モノのインターネット
  • IoE・・・全てのインターネット

これから、より多くのモノがインターネット化され、より情報社会になり、IT,IoT,ICT,IoEは、今後も様々な業界や分野に影響を与えながら拡大していくでしょう。

近年では、時代のスピードが急速に進んでいるので、そのスピードにおいて行かれないように、それぞれの違いを把握しておきましょう。未来のビジョンが見えてくるかもれません。

関連記事

IoTの医療・介護での活用事例[医療介護産業はこう変わる] – WebHack