[まるでMacBook]トラックパッド付きのiPad Pro用キーボード「Libra」を紹介

iPad OSによりiPadをノートPC代わりとして使っている、あるいは使ってみようかなと考えている人は多いでしょう。

iPadをパソコンとして使うには「キーボード」が必要ですが、Apple純正キーボードを含め多くのiPad向けキーボードには、トラックパッドがありません。本気でノートPCの代わりにするならトラックパッドは必須ですよね。

そこで今回は「まるでMacBookなデザイン」「打ちやすいキーボード」「トラックパッド付き」と数あるiPad向けキーボードの中でも最高レベルでiPadに最適化された最強のキーボード「Libra」を紹介します。

「Libra」は現在、Kicstertarでキャンペーンが進行しており、「デザイン」「操作性」の両面でMacBookのようなユーザ体験を提供してくれますよ。

関連記事

 ついに配信されたiPad OS 13.1の新機能(できること)や使い方を解説-Webhack
  Apple製品を4台同時に充電できる10000mAh大容量モバイルバッテリー「AirAlly」を紹介-Webhack

iPad Pro専用キーボード「Libra」の特徴

iPad Pro専用設計キーボードでMacBookなデザインを実現

まず、Libraは取り付けがメチャクチャ簡単!こんな風にiPadをカチッとはめるだけです。

そして、シルバースペースグレイの2色から選択可能なアルミニウム製のボディーはiPad Proとの相性バツグン

数あるiPad向けキーボードの中でもここまで親和性が高く、MacBookライクなデザインに仕上がるのはLibraぐらいでしょう。

キーボードのヒンジ部分は0度から120度の範囲で調整可能。あらゆる環境で快適な視野角に調整することができます。

キーボードには4000mAhのバッテリーが搭載されており、最大で200日間のバッテリー持ちを実現しているとのこと。さらにキーボード本体に搭載されているUSB-CポートからiPadあるいはiPhoneを充電することもできるんです。

モバイルバッテリー的な働きもしてくれるのは嬉しいポイントですね。

また、キーボードの重量は775gで、iPad Pro11インチに装着すると1.2Kg程度、12.9インチに装着すると1.4Kg程度になります。

純正キーボードに比べるとかなり重くなってしまいますが、ここはトラックパッドの搭載やアルミニウム製のデザインであることとのトレード・オフと言えます。

ジェスチャー対応のトラックパッド

Libraの最大の特徴は何と言ってもiPad向けキーボードとしては世界初のトラックパッドの搭載。本気でiPadをMacBook化したいなら重要な要素です。

トラックパッドによりMacBookのようなジェスチャーコントロールが可能で、以下の3つの操作に対応しています。

  • 2本指でのスクロール
  • ピンチイン/ピンチアウト
  • 3本指でのスワイプ

さすがにMacBookでできるすべてのジェスチャーには対応していませが、iPadでここまで操作できたら、十分にノートPCの代替として使えそうですね。

ファンクションキーとバックライト搭載の打ちやすいキーボード

キーボードはiPadとBluetooth5.1で安定的かつシームレスに接続され、初回のセットアップ後は電源を入れると自動的にペアリングされます。

キーの形状とサイズはMacBook Proの最新世代と同じとのこと。なのでMacBookのタイピングに慣れている人は打ちやすいかもしれません。ただしキー構造はMacBookのバタフライ構造ではなく、従来通りのシザースイッチ方式です。

どちらが良いかは人それぞれですが、バタフライ構造はキーストロークが浅く打ちにくいですし壊れやすいので、従来どおりのシザースイッチ方式の方がユーザーにとっては非常に嬉しい選択だと思います。

キーボードにはファンクションキーも搭載。

音量、画面の明るさ、言語の切り替え、コピーアンドペースト、その他多数のショートカットをキーボードから手を離すこと無く簡単にタップで実行できます。

さらに3段階で調節可能なバックライトが搭載されているのも嬉しいポイント。暗い部屋や、車内でもタイピングには困りません。また、RGBによるカラフルなバックライトを表現することもできます。

iPad Pro用キーボード「Libra」の価格(出資額)と期限は?

Libraはipad Pro 11インチ向け12.9インチ向けの2種類が用意されており、価格(出資額)は109ドル(11,815円)から、Kicstertarでの出資期限は11月9日までです。そして2020年1月に発送予定となっています。

iPad OSとLibraで脱ノートPCを実現してみてはいかがでしょうか。

気になる方は以下のリンクから商品ページに飛べるのでぜひ確認してみてください。

関連記事

 ついに配信されたiPad OS 13.1の新機能(できること)や使い方を解説-Webhack
 Apple製品を4台同時に充電できる10000mAh大容量モバイルバッテリー「AirAlly」を紹介-Webhack