【初心者向け】Swiftとは?できることや特徴を解説【iOSアプリ開発】

【初心者向け】Swiftとは?できることや特徴を解説【iOSアプリ開発】

この記事では、

  • Swiftってどんな言語なの?
  • Swiftの特徴やメリットを知りたい
  • Swiftでどんなことができるの?
  • Swiftに需要や将来性はある?
  • Swiftのおすすめの学び方を知りたい

 

という疑問をお持ちの方に、プログラミング言語のSwiftがどのような言語なのか、特徴やメリット、Swiftでできること、需要や将来性、学ぶのにおすすめのサイトとアプリを解説します。

 

 

SwiftがiPhoneやiPadなどのiOSアプリを開発できるプログラミング言語であることは知っている方も多いでしょう。

ただ実際に学ぶかどうかは、具体的にどのような特徴やメリットがあるのか、何を作成できるのか、どのように学ぶのが良いのか、などをもっと詳しく知らないと决めきれないという方も多いと思います。

 

 

結論から言うと、Swiftは高速で安定性も高く、iOSアプリ以外にも様々なものを開発できる大きな可能性を秘めたモダンなプログラミング言語。

そして、Apple製品向けアプリを開発したいのなら、Swift一択です。

と言われてもいまいち想像しづらいと思うので、記事では初心者の方でもわかりやすく、Swiftについて徹底解説し、疑問を解決ていきます。

 

 

ぜひ、プログラミング言語選びの参考にしてください!

 

 

Swiftとは?

Swiftとは?

モダンなプログラミング言語

SwiftはAppleが2014年に発表し、2015年からオープンソース化されたプログラミング言語です。

主に、iPhpne、iPad向けのiOSアプリやMacアプリなどのApple製品向けのアプリケーションを開発できます。

 

そしてSwiftの最大の特徴はモダンなプログラミング言語であること。

モダンは「現代的」という意味ですが、プログラミングで言うと下記のような特徴持っている言語を指します。

 

  • コードがシンプルで書きやすい
  • コードがシンプルで読みやすい

 

近年人気の高いRubyやPythonなどは上記のような特徴を持つモダンなプログラミング言語の代表例です。

 

そしてSwiftは、2014年に登場した新しい言語ということもあり、同じモダン言語であるRubyやPythonなどの特徴的なコードや構文が少しずつ盛り込まれています。

コードが読みやすく書きやすいモダン言語の良いところを取り入れることで、Swiftはプログラマーにとって非常わかりやすい言語となっているのです。

 

そのためプログラミング初心者はもちろん、RubyやPythonなどの他の言語を学んだことがある方なら習得が容易な点もSwiftの特徴と言えます。

 

?「【Rubyとは?】できることや特徴をわかりやすく徹底解説!【初心者に最適なプログラミング言語】 – WebHack

?「【初心者向け!】Pythonとは?特徴と基本的な構文 – WebHack

 

Ovjective-Cとの違い

Swiftが登場する以前は、iPhoneやMac向けアプリはObjective-Cというプログラミング言語で開発されていまいた。

Objective-Cでも十分に高機能なアプリ開発は可能で、実際に、様々な有名アプリがこれまでに開発されています。

 

 

しかしObjective-CはApple製品向けのアプリ開発に特化してており、文法などが他の言語に比べてかなり独特でした。

そのため初心者が学ぶのも難しい上、プログラミングが得意な人でも扱いずらい言語だったのです。

アプリ開発者を増やしたいAppleとしては、Objective-Cの扱いづらさは非常にネックになっていでしょう。

 

 

そこで、より初心者が学びやすく、さらに書きやすく読みやすいモダン言語としてAppleがSwiftを開発したのです。

Swiftの登場したことで、より多くの人がiPhoneやMac向けアプリを簡単に作成できるようになりました。

今では、Apple製品向けアプリはSwiftでの開発が最も主流となっています。

 

Swiftの特徴やメリット

Swiftの特徴やメリット

Swiftにはモダンな言語である以外にも下記のような5つの特徴があります。

 

  • 高速
  • 安定性
  • Ovjective-Cとの互換性
  • 初心者が学びやすい言語
  • Playgroundによるリアルタイム性

 

それぞれ解説していきます。

 

高速

Swiftの大きな特徴の1つは高速であることです。

何が高速かというと、処理速度が従来のプログラミング言語に比べ大幅に高速化されています。

 

具体的には、

 

  • Objective-Cの2.6倍
  • Pythonの8.4倍

 

も高速化されているのです。

 

Swiftで作ったアプリケーションは、その「すばやさ」という名前以上のパフォーマンスを発揮します。例えばSwiftを使うと、一般的な検索アルゴリズムがこれまでよりも大幅に速いスピードで完了します。Appleの公式サイト

 

上記のような高速化により、非常にスムーズでパフォーマンスの高いアプリを開発できます。

 

アプリの処理速度はユーザーのアプリ体験にとって非常に大きな役割を果たします。

なので、処理速度が高速なSwiftは、ユーザー側の視点からみても、非常に優れた特徴を持つ言語といえます。

 

安定性

Swiftは安定性が高いため、不具合やバグが起こりにくいのも特徴です。

安定性が高い理由は、不具合が起こりにくい安定したコードを書くための工夫が施されているため。

 

 

従来の言語だと、プログラマー自身が不具合が起きそうなコードが無いかを自分で見つける必要がありました。

しかしSwiftなら、プログラマーが気おつけなくても、不具合やバグが起きる可能性のあるコードを見つけ出し、NGを表示してくれんです。

 

 

従来の言語とSwiftの違いは自動車で例えるとわかりやすいかもしれません。

自動ブレーキなどの安全装備が搭載されていない自動車と自動ブレーキや車線はみ出しの警報、ステアリングの補助機能など、安全装備が搭載されている自動車ほどの違いという感じです。

もちろん後者がSwift。

 

 

上記のような特徴により、Swiftはプログラマー自身があまり意識することなく、間違ったコードによるアプリの不具合やバグを最小限に抑えることができるのです。

 

 

Ovjective-Cとの互換性

SwiftはOvjective-Cとの互換性があリます。

 

そのため、1つのアプリの中に、Ovjective-CとSwiftのコードが混在していても大丈夫

さらにOvjective-Cで開発されてきたアプリを、途中からSwiftで開発することもできます。

 

上記のような特徴により、これまでOvjective-Cで開発されてきたアプリを、すべてSwiftに書き換えるという非常に面倒な作業を行わずに済むのです。

 

また、Ovjective-Cで利用しているフレームワークやライブラリーをSwiftでもそのまま利用することが可能です。

 

初心者が学びやすい言語

Swiftは初心者が学びやすい言語であるのも特徴です。

 

理由は何度か言っていますが、Swiftがシンプルで読みやすく書きやすいモダンなプログラミング言語だからです。

 

同じくモダンなプログラミング言語のRubyやPythonも初心者が学びやすい言語ですが、Swiftも同様の特徴を兼ね備えており、初めてプログラミングを学ぶ方にとてもおすすめできる言語です。

また書きやすく読みやすいというのは、初心者の方にも魅力的ですが、プログラミングに慣れている方が新たにSwiftを学ぶ際にも、非常に役立ちます。

 

 

もう一つ、初心者におすすめの理由として、Swiftを学んだり開発するのに必要な環境を簡単に整えることができることが挙げられます。

詳しくは後述しますが、SwiftにはXcodeという統合開発環境が用意されており、Mac App Storeから無料でダウンロードし、利用することが可能です。

 

 

Playgroundによるリアルタイム性

Swiftは、書いたコードをリアルタイムで実行してくれるため、動作をすぐに確認することができます。

 

リアルタイムで実行できるのは、Swiftでの開発で利用されるXcodeのPlaygraundsという機能のおかげです。

XcodeのPlaygraundsでは、書いたコードをリアルタイムに実行することが可能です。

 

従来のOvjective-Cでは、コードを加えたり修正するたびにアプリを実行し、動作を確認する必要がありました。

そのため、アプリ開発にも時間がかかります。

 

しかしSwiftのPlaygraoundsなら、コードを書きながらリアルタイムに動作が実行されて確認できるので、アプリ開発も大幅に効率化できるのです。

 

Swiftのデメリット

Swiftのデメリットは下記の2つです。

 

  • 日本語の情報や開発者が少ない
  • Apple製品向けに特化している(現在のところ)

 

日本語の情報や開発者が少ない

Swiftは2014年に登場したばかりの新しい言語のため、まだまだ情報が少ないのがデメリットです。

特に日本語での情報は少ない傾向にあり、初めて学ぶ際の障壁になるかもしれません。

また、日本人のSwift開発者が少ないというデメリットもあります。

 

ただし、上記のデメリットは逆にメリットにもなりえます。

 

なぜかと言うと、Swiftを扱える開発者が少ないということは、スキルを身につけることで、貴重な存在になれるからです。

特に、Apple製品の人気が高い日本では、まだまだSwift開発者が大きく不足しているのが現状。

 

そのため、Swiftは需要が高い割に、Swiftエンジニアが不足していることから年収も高い傾向にあるのです。

 

 

Apple製品向けに特化している

現在のところ、SwiftはApple製品向けの開発に特化しています。

なので、iPhoneやiPad、Macなどの需要が減少していくと、Swiftの需要も減少してしまう可能性が大きいのです。

 

ただし今後、SwiftはWebアプリやAndroidアプリの開発にも利用される可能性があります

理由としては、書きやすく読みやすいモダンな言語であることや、開発効率が高いため、他社でも積極的に利用が検討されているため。

 

なのでSwiftは、Apple製品の需要に関わらず、世界から求められる安定した需要のある言語になる可能性を秘めているのです。

Swiftの開発環境と必要なもの

Swiftの開発環境と必要なもの

 

Swiftでのアプリ開発には、下記の3つが必要になります。

 

  • Xcode
  • Apple ID
  • Develop ID

 

それぞれ解説していきます。

 

Xcode

 

XcodeはSwiftの開発で利用される統合開発環境と呼ばれるツールです。

統合開発環境とは、アプリの開発に必要な各種機能やツールを1つにまとめたもの。

 

?「【初心者向け】プログラミングで活躍するフリーのエディタ6選! – WebHack

 

XcodeにはSwiftでの開発に必要なあらゆる機能・ツールが用意されているので、Xcode以外のツールを使わずに開発を行うことができるのが大きなメリットです。

 

 

先程紹介した、Playgroundsを利用してSwiftで開発するのに必須で、Mac App Storeから無料でダウンロードし、利用することができます。

 

 

そしてXcodeを利用するには、Apple IDが必要です。

 

[blogcard url=”https://apps.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12″]

 

 

Apple ID

 

Apple IDはAppleの各種サービス、ソフトウェアを利用する際に必要なID(アカウント)です。

 

  • メールアドレス
  • パスワード

 

の2つから構成されています。

 

App Storeでアプリをダウンロードしたり、iCloudを利用する時に必須なりるため、すでに所有している方も多いでしょう。

 

ただしアプリを開発する際は、Apple IDを開発者登録しておく必要があります。

 

すでに持っているApple IDで大丈夫なので、開発者登録を済ませておきましょう。

 

 

Developer ID

 

Developer IDは自分で開発したアプリをMac App Store以外で配布したり、開発に利用した端末以外で動作させる時に必要になるIDです。

 

基本的に、iPhoneやiPadにはApp Store以外からはアプリをインストールすることはできません。

しかしこれでは、Macで開発したアプリをiPhoneやiPadにインストールして動作を確認したり、App Storeで配信することができないという問題が生じます。

 

そこでDeveloper IDを取得することで、Macで開発したアプリをiPhoneやiPadにインストールし、動作を確認することができるようになるのです。

また、iPhone、iPad向けのApp Storeに配信することもできるようになります。

 

ただし、開発するのがMac向けのアプリで、開発に利用したMac以外にインストールしたり、Mac App Store以外で配信しないのであれば、Developer IDは必要ありません。

 

Developer IDはApple Deveroper Proguramに登録することで取得できます。

 

 

Swiftでできること・作成できるもの

Swiftでできること・作成できるもの

 

Swiftでできること、作成できるもは下記のとおりです。

 

  • iOSアプリ開発
  • Macアプリ開発
  • Apple Watchアプリ開発
  • Apple TVアプリ開発
  • Webアプリケーション

 

それぞれ解説していきます。

 

iOSアプリ開発

当たり前ですが、Swiftでは、iPhoneとiPad向けのiOSアプリを開発できます。

 

iOS向けアプリの開発がSwiftが最も利用される分野です。

特に日本では、iOSのシェアが約50%と非常に高いため、需要が多い。

しかし一方で、Swiftエンジニアは不足しているので、求人が多く、年収も高い傾向にあるのです。

 

開発したアプリはApp Storeから配信することで、世界中の人に届けることができます。

現在のiOS向けアプリはほとんどがSwiftで開発されているので、iPhoneやiPad向けアプリを開発したい方は、Swiftを学びましょう。

 

Macアプリ開発

Mac向けアプリケーションもSwiftで開発できることの1つです。

MacBook、MacBookAir、MacBook Proなどで動くアプリを開発することが可能。

 

SwiftでMacアプリを開発するメリットは、安定性が高く、Macの性能を最大限に生かしたアプリを開発できること。

なぜなら、Macのメモリー、ハードディスク、キーボード、電源など、コンピューターの深くまで考慮して開発できるからです。

 

これは、AppleがMacのハードウェア、ソフトウェアの両方、そして言語のSwiftもすべて開発しているためです。

 

Apple Watchアプリ開発

スマートウォッチのApple Watch向けアプリもSwiftで開発できます。

 

スマートウォッチ市場は現在、非常に伸び盛で、その中でもApple Watchは(機械式腕時計も含めて)世界で一番売れている腕時計になるほどの人気なんです。

 

しかしまだまだ、活用用途が限られているのが現状。

 

だからこそ、Swiftでこれまでにない画期的なApple Watch向けアプリを開発できるチャンスが眠っているとも言えます。

人々のライフスタイルを変えたい!という野心的な方は、ぜひSwiftを学び、画期的なアプリ開発に挑戦してみてください!

 

Apple TVアプリ開発

Swiftでは、Apple TV向けアプリを開発できます。

 

Apple TVは、家のテレビで映画、ドラマ、音楽、Youtubeなどを楽しめるもの。

そして、現在のApple TVでは様々なアプリを動かすことができます。

実際に、これまで1000個以上のApple TVアプリケーションが開発されてきました。

 

しかし、まだまだ十分にApple TVを活用できているとはいえません。

なので、Apple TVもApple Wacth同様、これまでにない画期的なアプリを開発できる大きな可能性を秘めています。

 

Webアプリケーション

Swiftでは、Apple製品向け以外のWebアプリケーションも開発できます。

 

Webアプリケーションといえば、RubyやPHP、Javaで開発されることが一般的です。

しかしSwiftはオープンソースであるため、Apple製品以外でのWebアプリケーションの開発にも利用できるのです。

 

実際に、GoogleやFacebook、Uberはアプリ開発において、Swiftを積極的に取り入れていく方針であることを表明しています。

特にGoogleは、Android OSのfirst-class language(第1級言語)をSwiftにする可能性があるとしている程です。

現状では、Apple製品に特化しているSwiftですが、今後はWebアプリ、Android向けアプリの開発にも活用される可能性も十分にありえます。

 

そうなると将来的には、Swift1つを身につけるだけで、あらゆるアプリケーションを開発できるようになるかもしれません。

 

?「PHPとは?特徴やできることできないこいを初心者にもわかりやすく徹底解説! – WebHack

 

Swiftの需要や将来性

Swiftの需要や将来性

 

Swiftの需要と案件単価

Swiftの需要と案件の単価は非常に高いのが特徴です。

現在のSwiftのは平均単価は、77.6万円、最高単価で130万円程です。

 

理由は、日本はiPhoneユーザーが多く、iOSアプリの市場が非常に大きいにも関わらず、Swiftを扱えるエンジニアが不足しているためです。

そのため、Swiftを扱えるエンジニアは非常に貴重な存在として重宝され、年収やフリーランスとしての案件単価も非常に高い傾向にあるのです。

 

Swiftの将来性

Swiftには非常に高い将来性があると言えます。

 

理由は下記の3つです。

 

  • Apple製品以外での開発にも利用されるようになる
  • 今後、Ovjective-Cでのアプリ開発がSwiftに移行していく
  • Apple Watchなどの新デバイスのアプリ開発需要が増加している

 

Swiftを身につければ、将来的には、Apple製品以外のWebアプリやAndroidアプリも開発できるようになる可能性が高いです。

 

上記のような理由から、Apple製品の需要が日本で急激に低下することあはまず考えられないですし、逆に、Swiftの用途が拡大していくので、かなり将来性のある言語といえます。

 

Swiftを学ぶのにおすすめのサイト・アプリ

Swiftを学ぶのにおすすめのサイト・アプリ

 

最後に、Swiftを学ぶのにおすすめのサイトと、アプリを紹介します。

 

  • Progate
  • Swift Playgrounds

 

上記の2つは特に初心者の方がSwiftを学ぶ際に大いに役立つサイトとアプリです。

 

Progate

Progateは初めてプログラミングを学ぶならProgateといえる程、初心者の方に最もおすすめできるプログラミング学習サイトです。

 

初心者の方がつまずきやすい環境構築が必要なく、解説のスライドを見ながら実際に手を動かしてプログラミングを学ぶことができます。

 

学習レベルも、各言語の基礎の基礎から少しずつステップアップしていくため、完全初心者の方や1度挫折し、苦手意識を持っている方にこそProgateはおすすめできます。

 

[blogcard url=”https://prog-8.com/plans/for_users#plans-section”]

 

Swift Playgrounds

Swift Playgroundsは、Appleが提供しているiPadでSwiftの学習を行えるアプリです。

App Storeから無料でダウンロードすることができます。

 

プログラミングをゲーム感覚で楽しく学ぶことができ、子供たちが学ぶ教育現場でも利用されているほど信頼のあるアプリです。

 

特に、Swift Playgroundsは無料でプログラミングを基礎から学べるため、プログラミングの最初の一歩として最もおすすめできる学習アプリです。

 

[blogcard url=”https://apps.apple.com/jp/app/swift-playgrounds/id908519492″]

 

まとめ Swiftは大きな可能性を秘めたモダンなプログラミング言語

この記事では、Swiftの特徴やできること、メリット、需要や将来性について解説してきました。

2014年に登場したまだ新しい言語なので、情報が少なく、学ぶべきかどうか迷っている方も多いかもしれません。

 

しかし、シンプルな文法による学びやすさや、開発効率の高さ、今後の需要の高まりなどを考慮すれば、間違いなく学んで身につけておきたい言語の筆頭です。

特に、Apple製品向けアプリを開発したいのならSwift一択。

 

ProgateやSwift Playgroundsなど学びやすい環境も揃っているので、ぜひSwiftエンジニアへの一歩を踏み出してみてください!

 

関連記事

【Rubyとは?】できることや特徴をわかりやすく徹底解説!【初心者に最適なプログラミング言語】 – WebHack

Ruby on Railsとは?できることや特徴を初心者でもわかりやすく徹底解説!【フレームワーク】 – WebHack

PHPとは?特徴やできることできないこいを初心者にもわかりやすく徹底解説! – WebHack

【初心者向け!】Pythonとは?特徴と基本的な構文 – WebHack

令和の今、学ぶべきプログラミング言語は?需要と将来性から徹底比較! – WebHack