【複数の端末を一度に充電】持ち運びに最適な充電ケーブルを紹介「選び方も解説」

スマートフォンやタブレットなどを「一度に充電したい」と思っている方は多いでしょう。純正品の充電ケーブルは、1つのプラグに対して1つの端末しか充電できないので、外出先などで不便に感じることが多々あります。

最近では、「3in1」や「4in1」「巻き取り式」など、利用者のニーズに合わせた充電ケーブルがたくさん販売されており、利便性の高さが評判になっています。しかし、商品数が多いので、「どれを選んだらよいのかわからない」と思っている方も多いでしょう。この記事では、スマートフォンやタブレットの充電に最適なケーブルをご紹介します。

3in1タイプの充電ケーブルが使いやすい

「3in1」とは、1個に3本のケーブルが搭載されている充電ケーブルです。先端部分がそれぞれの端末に対応するように枝分かれしており、自宅はもちろんのこと、車内のシガーソケットやコンセント数が限られている環境でも、快適に充電できるのです。

【メリット】1つのケーブルで複数の端末を充電できる

3in1タイプの充電ケーブルは、1つの端末で複数の充電ができるので、iPhoneやAndroid、Bluetoothイヤホンなど、接続する端末が違う場合でも充電が可能。自宅はもちろんのこと、オフィスでも活用できるのは嬉しいポイントです。

通常、iPhoneやAndroid、Bluetoothイヤホンの充電をする場合は3本のケーブルが必要になります。しかし、先端だけ枝分かれしている「3in1」タイプなら1本だけで充電できます。「旅行をするときに少しでも配線類を減らしたい」「コードが絡まってイライラする」という方におすすめです。

また、「Lightningケーブル」が搭載された商品もあり、充電だけではなくデータ転送もできます。外付けHDDからMacBook Pro(モデルによって異なる)との接続もできるのは、クリエイターにとってもおすすめできるポイントです。

【デメリット】使用できる端末が決められている

3in1の充電ケーブルは、ケーブルを取り替えることができないので、接続できる端末が決められています。たとえば、「lcsriya」から発売されている充電ケーブルは、「Lightning」と「USB-C」「Microポート」と決められているので、下記のケーブルに合わない端末は充電できません。

出典:Amazon

また、ケーブルが先端で枝分かれしている充電ケーブルの場合、自分好みにカスタマイズできないので、「LightningとUSB-Cポートは使うけど、Microポートは使わないから結局2in1の機能になってしまう」というケースも考えられます。

【3in1】充電ケーブルの選び方

「さまざまなメーカーが3in1の充電ケーブルを販売しているから、どれを選んだらよいのかわからない」という方のために、充電ケーブルの選び方を解説します。

端末との互換性

「3in1充電ケーブルのデメリット」で述べたように、自分の好みの配線にカスタマイズできないので、あらかじめ使用する端末との互換性を確認しておきましょう。

人それぞれ重視するケーブルは異なりますが、スマートフォンやタブレット、Bluetoothのイヤホンに対応したケーブルは使用頻度も高いのでおすすめです。シガーソケットにアダプターを搭載すると、車での移動時間を利用して、一度にスマートフォンやタブレット、Bluetoothイヤホンを充電できます。

ケーブルの本数

「3in1の充電ケーブルが優れている」とご紹介しましたが、「2in1」や「4in1」タイプの商品を発売しているメーカーもあります。ケーブルの本数によって一度に充電できる端末の数も変わるので、ご自身の用途に合わせて選びましょう。

「ケーブルの本数が多い商品を購入しよう」という基準で選んでしまうと、「端末との互換性がなく、2本しか使わなかった」と、失敗するケースもあります。本数だけではなく使用できる端末との互換性は必ず確認しておいてください。

耐久性

充電ケーブルの使用頻度が多くなると、ケーブルの断線や充電時の不具合が起こりやすくなります。純正品の充電ケーブルの場合、配線が剥き出しになってしまう経験をした方も多いでしょう。さまざまな環境で使用するからこそ耐久性は重視したいポイントです。

耐久性にこだわる場合は、アルミニウム加工とナイロン製のカバーが施された充電ケーブルがおすすめ。どんな方向に折り曲げても断線が起こらないことに期待されています。

また、「できるだけ安い商品を購入したい」という方も多いと思いますが、使用する端末の出力数に対応できない場合もあるので、同時接続をしたときの適用出力数は確認しておきましょう。

形状

さまざまなメーカーが「3in1」の充電ケーブルを発売しており、主に下記のような商品が発売されています。

  • ケーブル式
  • 巻き取り式

「ケーブル式」は、1本のケーブルの先端が枝分かれしているタイプです。ケーブルの長さが特徴で、コンセントの位置に影響を受けずに使用できます。

「巻き取り式」は、メジャーのようにケーブルが収納されるタイプです。コードを収納できるので、持ち運びに最適。バッグの中で、他の配線と絡まるのを防ぐことができます。

「ケーブル式」と「巻き取り式」は本質的な機能に違いはないので、ご自身の使用する環境に合わせて選ぶことをおすすめします。

充電ケーブルのおすすめ商品3選

充電ケーブルの選び方をもとに、さまざまな環境で使用できるおすすめの充電ケーブルをご紹介します。

【lcsriya】

出典:Amazon

「lcsriya」が発売している「3in1」タイプの充電ケーブル。本体は「Lightning」「USB-C」「Microポート」が搭載されており、iPhoneやAndroid、Bluetoothイヤホンを接続できます。また、Lightningケーブルのみデータ転送が可能。ケーブルは1.2mと長いので、コンセントの位置に影響を受けずに使用できることも魅力です。

おすすめポイント①耐久性に優れている

ケーブル内部には「多重シールド」を採用。アルムニウム加工とナイロン製カバーが搭載されており、どんなに曲げても内部の配線を傷つけることはありません。8000回以上の「折り曲げ耐久テスト」にも合格しているような高品質ながら1,300円程度で購入できる手軽さも嬉しいポイントです。実際に購入をしてから約1年経ちますが、これまで断線や故障を感じたことはありません。

おすすめポイント②充電速度が衰えない

接続端末が多いほど出力数が分散されるので、充電スピードが遅くなる傾向がありますが、「lcsriya」が発売している「3in1」タイプの充電ケーブルは、iPhoneなどの純正品の充電ケーブルと比べても充電スピードは衰えません。万が一、故障や不具合を感じたときは、12ヶ月の保証制度を受けられるので、安心して使用できます。

【Anvinku】

出典:Amazon

「Anvinku」が発売している「4in1」タイプの充電ケーブル。一度に使用できる端末が4本になったので、「多くの充電をしたい」という方におすすめです。本体には、「Lightning(2本)」「USB-C」「Micro-USB」が搭載されています。

おすすめポイント①幅広い互換性

「Anvinku」が発売している「4in1」タイプの充電ケーブルは、iPhone11やiPhone XRなど、最新機種にも対応できる互換性が魅力です。また、サムスンやHUAWEIなど、日本では馴染みのない製品にも対応。4つの端末を同時に接続しても充電スピードが遅くなることはありません。

おすすめポイント②断線が起こりづらい

ケーブルには、耐久性に優れた「アルミニウム合金」を採用。さらに、表面はナイロンで編み込まれており、どんな方向に折り曲げても安全。断線が起こりづらいので、車内などの狭い環境でも活躍します。機能性や耐久性はもちろんのこと、高級感を感じさせるデザイン性も魅力です。

AMYCHIC

出典:Amazon

「AMYCHIC」が発売している巻き取り式の充電ケーブル。メジャーのようにケーブルを収納できるので、配線がスッキリとします。本体は、「Lightning」「USB-C」「Microポート」が搭載。ホワイトやブラック、レッドなど、カラーバリエーションも豊富です。

おすすめポイント①コンパクトながら最大120cm伸ばせる

ケーブルは5段階(40・60・80・100・120cm)に調節可能。環境に合わせてケーブルの長さを調節できるので、狭いデスク上でも邪魔になることなく快適に使用できます。コンパクトかつ軽量なので持ち運びに最適。オフィスだけではなく外出先でも活用できます。

スマートフォンはもちろんのこと、タブレットやMacBookシリーズにも対応。外付けHDDを利用したデータ転送もできるのはクリエイターにとって嬉しいポイントです。

おすすめポイント②端末にとって最適な電流を送る

本体にはスマートチップが内蔵されており、接続した機器に合わせて最適な電流を送ることができます。常に安定した電圧に調節されるので、スマートフォンやタブレットのバッテリー保護にも効果的です。

ケーブルには断線しづらい素材が採用されているので、耐久性は優れていますが、万が一、「巻き戻しができなくなった」「充電されない」などの不具合が発生した場合には、12ヶ月間の保証制度も受けられます。

まとめ

持ち運びに最適な充電ケーブルをご紹介しました。「3in1」や「4in1」タイプは、1つのUSBポートで3〜4本の端末を充電できるので、iPhoneなどの純正品と比べて使い勝手に優れています。

さまざまなメーカーが充電ケーブルを発売していますが、「互換性」「耐久性」「ケーブルの本数」「形状」を参考に商品を選ぶことがおすすめです。