【最新】Google Pixe 4aのリーク(噂)まとめ。スペック、発売日、価格、デザイン、カメラ性能など

【最新】Google Pixe 4aのリーク(噂)まとめ。スペック、発売日、価格、デザイン、カメラ性能など

この記事では、5月に発売されると見られている、Google Pixel 4aのリーク情報(噂)をまとめています。

 

Google Pixel 4aのスペックや性能、発売日、価格、カメラ性能や気になる方も多いであろう、5Gやモーションセンスの対応状況についても紹介していきます。

 

Googleの新型スマホ Pixel 4/4XLまとめ AIを駆使した最強デュアルカメラにジェスチャー操作 – WebHack

 

Google Pixel 4aの基本スペック・性能

Google Pixel 4aのリーク画像

image via 91mobiles

Google Pixel 4aのスペックと性能は、最新の中価格帯スマホとしては、標準的なレベルと言えますね。

 

具体的にPixel 4aの基本スペック・性能は以下の通りです。

  • プロセッサー:Snapdragon 730か730G
  • RAM:6GB
  • ストレージ:64GB/128GB
  • 5.8インチ 有機ELディスプレイ

 

Snapdragon 730は、2019年4月に発表されたクアルコム製のプロセッサー。

主に、5~6万円ほどのスマホに搭載されるプロセッサーです。

一世代前のPixel 3aに搭載されているSnapdragon 670と比較して、CPU性能、GPU性能、AI処理性能はれぞれ大幅に向上しています。

 

これによりスマホがサクサク動いたり、ゲームがスムーズにできるだけではなく、AIを駆使したカメラやGoogle アシスタントなどの性能向上も期待できます。

 

また、Pixel 4aにはSnapdragon 730Gが搭載されるという噂もあります。

Snapdragon 730Gは、730をベースに、ゲーム向けの機能を強化したモデル

たとえば、Wi-Fiのネットワーク遅延やフレームレートの低下を低減したり、外部プログラムによるチート行為の防止、960fpsでのビデオキャプチャーなどに対応しています。

 

もちろん730より730Gの方が高性能ですが、Pixel 4aはゲーマー向けのスマホではないため、730の方が搭載される可能性は高いでしょう。

 

6GBのRAMは、5万円程度のスマホとしては標準的な容量ですが、Pixel 3aは4GBだったので、2GBの増加です。

ストレージは64GBと128GBなので、最新のスマホとしては若干物足りないですが、クラウドに写真や画像を保存できるGoogle Photoなどを活用すれば、問題ないでしょう。

 

Pixel 4aには、5.8インチ、アスペクト比19.5対9で解像度が2340×1080ピクセルの有機ELディスプレイが搭載されるようです。

Pixel 3aはアスペクト比18.5対9の5.6インチだったので、Pixel 4aは少し縦長となり、その分0.2インチの画面サイズアップに繋がっているのでしょう。

 

Google Pixel 4aのデザインとサイズ

Google Pixel 4aのリーク画像

image via 91mobiles

Pixel 4aのデザインは、前面、背面の両方とも大きく変化すると見られています。

 

 

まずPixel 4aの前面は、パンチホールを採用したノッチの無い全画面デザイン

パンチホールといえば、Galaxy S20やHuawei P40、OnePlsu8など、最新のAndroidスマホで採用されている、今最も主流のスマホデザインです。

そのためGoogle Pixel 4aでも漏れることなく、パンチホールを採用するというのは十分に考えられます。

Pixel 3aでは上下に太いベゼルがあり、少し時代遅れ感が否めませんでしたが、Pixel 4aで一気に時代の最先端へと追いつきそうですね。

 

Pixel 4aの背面は、Pixel 4と同様、左上に四角いカメラユニットが搭載されます。

基本的にはPixel 4と似ていますが、カメラはデュアルではなくシングルカメラとなり、背面上部の真ん中には指紋センサーが搭載されるデザインとなるようです。

 

Pixel 4aの側面は、Pixel 3aや4とほぼ一緒。

Pixelスマホの特徴である、オレンジ色の電源ボタンとその下にある音量ボタンが、スマホ右側面に配置されています。

Google Pixel 4aの背面のリーク画像

image via 91mobiles

 

また以下の画像からわかりますが、Pixel 4aの上部にはイヤホンジャックが搭載されるようです。

Google Pixel 4aのリーク画像

image via 91mobiles

 

Pixel 4aのサイズは、高さ144.2×横幅69.5×厚み8.2mmです。

Pixel 3aのサイズが高さ151.3×横幅70.1×厚み8.2mmなので、Pixel 4aは0.2インチ画面サイズをアップしながらも、一回り小さなサイズ感を実現していることになりますね。

やはりパンチホールを採用し、上下のベゼルを限りなく排除した恩恵だと思われます。

 

Google Pixel 4aのバッテリー

Pixel 4aのバッテリー容量は3080mAhで、最大18Wの充電に対応するようです。

しかし、ワイヤレス充電には非対応とのこと。

 

バッテリー容量がPixel 3aの3000mAhから若干の増量していますが、画面サイズがアップしているため、バッテリー持ちはほぼ変わらなかと思われます。

 

Google Pixel 4aはシングルカメラ搭載

最も気になる方が多いであろうPixel 4aのカメラですが、Pixel 3aと同様に12メガピクセルのシングルカメラが搭載されるようです。

オートフォーカスと電子&光学式の手ブレ補正に対応しています。

 

残念ながら、Pixel 4で採用された望遠レンズや今トレンドの超広角レンズは非搭載。

カメラの数はそのままスマホのコストに直結してしまうので、低価格が売りのPixel 4aへの搭載は難しかったのでしょう。

またカメラの画像処理に活用されている、「Pixel Neural Core」も非搭載のため、Pixel 4と比べ、画像合成や望遠性能、背景をぼかすポートレート性能は少し低下すると思われます。

 

Pixel 3aは低価格でありながら、ハイエンドのPixel 3と同等のカメラ性能を誇っていたため、大人気となりました。

ただしこれは、同じシングルカメラ搭載での話し。

その点、デュアルカメラのPixel 4に対して、シングルカメラのPixel 4aがどこまで美しい写真が撮影できるかは、楽しみに待ちたいポイントです。

 

一方動画撮影に関しては、4K/30fpsや1080p/120fpsに対応するなど、Pixel 4と同様の撮影ができるようです。

 

Pixel 4の前面カメラは、Pixel 3aから変わらず、画角84°の8メガピクセルカメラになるとのこと。

 

 

Google Pixel 4aの通信性能 5Gに対応しない?

5Gという文字の画像Pixel 4aは残念ながら、5Gには対応しないと見られています。

理由としては、Pixel 4aに搭載されるSnapdragon 730が5Gに対応していないため。

 

スマホが5Gに対応するためには、5G対応のプロセッサーと通信モデムが必要です。

しかし、5G対応のプロセッサーと通信モデムは非常に高価で、現時点で低価格のスマホへの搭載は難しいため、仕方が無いと思われます。

 

ちなみにSnapdragon 730の通信速度は、下り(ダウンロード)が800Mbps、上り(アップロード)が150Mbpsです。

 

Google Pixel 4aはお財布ケータイに対応する?

Pixel 4aはお財布ケータイに対応する可能性が高いと考えられます。

Pixel 4とPixel 3aがすでにお財布ケータイに対応していますし、そもそもお財布ケータイ無しだと日本での販売はかなり苦戦すると思われるので、ほぼ間違いなく対応するはずです。

 

Google Pixel 4aの認証機能やセキュリティー

Pixel 4aは指紋認証のみに対応し、Pixel 4で初めて採用された、3D顔認証は非対応となるようです。

指紋認証センサーは背面上部に搭載されます。

 

3D顔認証には、専用のセンサーやカメラを設置する場所が必要です。

パンチホールによる全画面デザインのPixel 4aでは搭載する場所がありませんし、コスト的にも難しいのかもしれません。

 

ただしPixel 3aやPixel4から引き続き、個人情報などを強固に保護するセキュリティーチップの「Titan M」は搭載されます。

 

 

Google Pixel 4aにモーションセンスは非搭載?

Pixel 4のモーションセンス

image via Google

Pixel 4aでは、モーションセンスは非搭載となるようです。

 

モーションセンスは、画面に触れることなく、空中で上下左右に手を動かすだけで、スマホを操作できる機能。

最大の目玉機能として、Pixel 4で初めて搭載されました。

ちなみにモーションセンスは、Pixel 4aの高速な顔認証にも活用されています。

 

そしてモーションセンスを搭載するためには、Pixel 4のような太めのベゼルを上部に設け、センサーを設置するスペースを作る必要があります。

なので、パンチホールデザインのPixel 4aでは設置が不可能ですし、そもそも価格的にも搭載は難しいと思われます。

 

Pixel 4aは3色のカラー展開?

Pixel 4aは、Just Black(ただの黒)とClearly White(完全に白)、新色のBarely Blue(かろうじて青) の3色が用意されているようです。

いつもながら、変な名前ですね。

 

Google Pixel 4aの発表日と発売日 「5月22日が有力」

Pixel 4aの発売日は正式にはわかりませんが、5月22日が有力視されています。

そのため、一週間ほど前の5月中旬に発表される可能性が高いです。

 

またPixel 4aのパッケージ画像も流出しているため、発売日はかなり近いと思われます。

Pixel 4aのパッケージの流出画像

image via TechDroider

 

元々Pixel 4aは、Googleが毎年開催しており、今年も5月に開催するはずだった年次開発者会議「Google i/O 2020」で発表予定でした。

しかし新型コロナウイルスの影響で、オンライン開催も含めて全面中止となり、いつ発表されるのかが不明な状況なのです。

 

なのでGoogleからの正式発表待ちですが、5月中に発売されることは間違いありません。

 

日本での発売日は?

Pixel 4aが日本でいつ発売されるかは不明ですが、6月中旬ごろと思われます。

 

2019年にPixel 3aが日本で発売されたのが、6月中旬ごろだったので、同様にアメリカでの発売開始から2~3週間後の6月上旬~中旬が目処にあると思います。

 

ただしDocomoやau、ソフトバンクなどのキャリアからではなく、Googleストアから直接購入できるSimフリー版であれば、5月22日(かどうかはわかりませんが)にアメリカと同時発売も十分にありまえます。

 

 

Google Pixel 4aの価格

Pixel 4aの流出したプロモーション広告の画像

image via Evan Blass

Pixel 4aの価格は、流出したプロモーション広告から、399ドル~になるようです。

399ドルは、Pixel 3aとも同価格なので妥当ですし、日本では49,500円~となるでしょう。

 

Google Pixel 4aのリーク(噂)やスペック情報 まとめ

Google Pixel 4aのリーク情報からわかっているスペックをまとめると以下の通りです。

 

  • Snapdragon 730搭載
  • 6GBのRAM
  • 64GB/128GBのストレージ
  • 5.8インチ有機ELディスプレイ(アスペクト比19.5対9)
  • パンチホールを採用した全画面デザイン
  • サイズは高さ144.2×横幅69.5×厚み8.2mm
  • イヤホンジャック搭載
  • 3080mAhのバッテリーと18Wの充電
  • 12Mピクセルシングルカメラ
  • オートフォーカスと電子&光学式の手ブレ補正に対応
  • Pixel Neural Coreは非搭載
  • 前面カメラは画角84°の8メガピクセルカメラ
  • 5G非対応
  • お財布ケータイ対応
  • 背面指紋認証
  • 3D顔認証は非対応
  • モーションセンス非搭載
  • Just Black(ただの黒)とBarely Blue(かろうじて青) の2色展開
  • 5月22日発売?
  • 399ドル~

 

【関連記事】

Googleの新型スマホ Pixel 4/4XLまとめ AIを駆使した最強デュアルカメラにジェスチャー操作 – WebHack