Society 5.0とは?これからの日本を創る最新技術と実用例

皆さんはSociety 5.0という言葉をご存知でしょうか?

字面だけ見ると「5番目の社会?」みたいな意味に見えますが、Society5.0は「次の社会のあり方を指す言葉」です。

ここではSociety5.0とは一体なんなのか、Socirty5.0の社会になると一体何が変わるのかなどをご紹介したいと思います。

ビジネスチャンスの宝庫なので、社会人の方は知っておいて損はありませんよ!

 

Society 5.0とは?

Society5.0とは「仮想空間と現実空間を新技術によって結びつけ、今日の社会問題を解決する、人間中心の社会」のことを指します。

なぜSociety5.0というのかというと、人間は次の4つの社会を歴史の中で積み上げてきているからです。

  • 狩猟社会(Society 1.0)
  • 農耕社会(Society 2.0)
  • 工業社会(Society 3.0)
  • 情報社会(Society 4.0)

Society5.0はこれらの社会変革の次の時代というわけですね(情報社会になったのもつい最近の話だと思ったんですが、時代の流れは早いですね…)。

Society5.0は内閣府の第5期科学技術基本計画の中で、日本が目指すべき未来社会のあるべき姿であるという趣旨の計画を立てています。

よって、今後日本の科学技術分野はこのSociety5.0に向かって大きく舵を取っていくと考えられます。

 

Society 5.0で何が変わるのか?

Society5.0の社会が到来すると、一体何が変わるのでしょうか?

ここではSociety5.0の社会の一部を見ていきましょう

 

あらゆるモノがインターネットに繋がる

5GとIoTの技術によって、あらゆるモノがインターネットに繋がっている社会が実現されます。

IoTとはInternet of Thingsの略で、日本語で「モノのインターネット」という意味です。

IoT技術が進み多くのモノがインターネットに繋がると、モノの情報がインターネットを通じてデータベースに蓄積されるようになります。

開発者はその情報から顧客のニーズや製品の故障状況などを把握し、より良いサービスおよび製品を開発・提供できるようになります。

 

イノベーションにより、社会が多様なニーズに答えられる

AIの技術や技術の進歩による法整備が整い始めると、新技術を駆使して多様なニーズに答えられる社会が実現します。

例えばドローンで空から荷物を配達するといったことができるようにするというのも、Society5.0のイノベーションの一つになる可能性があります。

他にも自動運転システムの導入により、事故発生数を0にすることが可能になるかもしれません。

 

必要な情報が必要なときに提供される

必要なデータがクラウド上に全て蓄積され、自分にとって必要な情報に瞬時にアクセスできるようになります。

しかもただ必要な情報にアクセスできるだけでなく、自分のニーズを的確に判断し、最も欲しかった情報を提供してくれるようになります。

これはAIの進化によって実現されます。

 

ロボットによる労働や行動範囲制限の解消

ロボットが今よりもさらに進歩し、肉体労働や死の危険があるような仕事が少なくなる、あるいは完全になくせます。

この「人の介在なしに労働が完結する」というのは、Society5.0の一つの特徴です。

また、人間の肉体労働をサポートしてくれるロボットが進化することで、肉体が衰えた後でも(自分が働きたいのであれば)働くことが可能になるでしょう。

 

Society 5.0の実用例

Society5.0の社会、いわゆる「超スマート社会」が実現することで、どんな社会になるのかはここまで見てきた通りです。

ここからはより具体的なシステムについてご紹介します。

 

自動運転システム

自動運転システムとは「人間の運転を支援してくれる、あるいは自動車がどんな状況でも完全に運転してくれる」システムのことです。

自動運転システムはレベル0〜5の6段階に別れています。

  • レベル0 …自動運転なし
  • レベル1 …システムが左右(ステアリング操作)、前後(加減速操作)のどちらかを担う
  • レベル2 …左右、前後両方の操作を担う
  • レベル3 …特定の領域内(例えば高速道路)で全ての操作をシステムが担うが、システムからの要求があれば人間が対応する必要がある
  • レベル4 …特定の領域内(例えば高速道路)で全ての操作をシステムが担い、運転者の介入が全く必要ない
  • レベル5 …全領域内で全ての操作をシステムが担い、運転者の介入が全く必要ない

現在の自動車のほとんどはレベル2でとどまっており、さらに法律やインフラの設備が整っていないので、これからに期待のかかるシステムです。

日本では2025年前後にはレベル4の自動運転システムを構築する計画であり、レベル5は時期が未定となっています。

こちらにより詳しく自動運転システムについてまとめていますので、よければどうぞ!

完全自動運転(自動運転レベル5)の実用化はいつ?レベル5の定義や課題も含めて解説

リアルタイム自動健康診断

IoTとビッグデータ、人工知能といった技術が普及すると、個人個人の健康データをウェアラブルデバイスを通じてアクセスできるようになります。

健康データをリアルタイムで取得・蓄積することで、健康促進のための措置や、病気の早期発見などが期待されます。

また、5Gの普及によって遠隔医療が発展することで、医師がリアルタイムで送られてくる健康データを元に患者に対し指導を行うことができるようになります。

 

無人店舗

AI技術の発展によって、無人で商品の購入ができるような店舗が今後増えていくと予想されています。

例えばAmazon GoではカメラとAIの技術でユーザーがどの商品を購入したかをチェックし、店を出るとあらかじめ用意していたAmazonアカウントにレシートが届く仕組みになっています。

重要なのはレジに商品を通す必要がないという点です。この特徴からAmazon Goは日本では「無人コンビニ」と呼ばれています。

AIの発展によって、このような店舗はますます増えていくでしょう。

 

Society 5.0の社会を支える技術

ここまででSociety5.0の社会になると、あらゆるものが今よりも「便利」になるんだな、という点がお分りいただけたかと思います。

しかし、それらの社会を実現するためには必須とも言える技術がいくつもあります。

ここでは「機械学習」「IoT」「ビッグデータ」「5G」の4つの新技術を見ていきましょう。

 

機械学習

機械学習とはすなわちAIの一種で「機械が独自に学習し、人間と同じように振る舞えるようにする」手法のことです。

人工知能の初登場自体は以外と古く、1956年のダートマス会議で「人工知能」という言葉が使われたのが初だと言われています。

それから半世紀以上をかけて人工知能の研究が進み、より人間の介在が必要のないシステムが構築されていきました。

近年では「ディープラーニング」と呼ばれる機械学習の手法が最も自律的な人工知能を開発できるということで注目を集めています。

ディープラーニングやその技術の根幹となるニューラルネットワークについてはこちらの記事にまとめてありますので、ぜひ見てみてくださいね。

ニューラルネットワークの仕組みは?機械学習やディープラーニングとの関係も解説!

IoT

IoTは「モノのインターネット」のことで、あらゆるモノがインターネットに繋がった社会のことを指します。

これまでインターネットに繋がっていたのはパソコンやスマートフォン、タブレットなどの電子機器のみでしたが、今後は家電製品やスピーカー、照明、自動車などあらゆるモノがインターネットと繋がります。

モノから送られてくる大量のデータを蓄積することで、情報の分析、および機械学習への活用などへの効果が期待でき、さらに医療、工業、農業、運輸などあらゆる分野での活用が期待されています。

こちらにIoTの活用事例をまとめていますので、よかったらご参考ください!

[IoTの活用事例26選] 身近なモノから都市での活用まで幅広く紹介!

ビッグデータ保管技術

ビッグデータとは「様々な形、様々な性質を持った大量のデータ」のことを指します。

実はビッグデータというのはただ単に大量のデータのことを指すわけではなく、どちらかというと「従来のデータの保管方法では対処しきれないようなデータ群」のことを言います。

従来のデータ保管方法というのは基本的にはRDB(リレーショナルデータベース)です。RDBはエクセルのような表形式で似通ったデータをテーブルという単位に分けて保存するタイプのデータベースです。

RDBは一長一短あり、ビッグデータのような大量、かつ表形式に収まらないようなデータを蓄積するのには向いていません。

そこで、近年ではNoSQLデータベースと呼ばれるRDB以外のデータ保管方法が注目を集めています。

NoSQLデータベースはRDB以上に大量のデータを柔軟に扱えるので、IoTで収集したデータを蓄積しておくのに有利なデータベースであると言えます。

ビッグデータについてはこちらにもまとめてありますので、こちらも参考にしてみてくださいね!

ビッグデータとは?基本から最新活用事例までわかりやすく紹介

5G

5Gは4Gに続く次世代の移動通信システムのことです。

「超高速大容量」「超低遅延」「同時多数接続」の3つの特徴を持っており、スマートフォンやタブレットがより便利に活用できるようになるだけでなく、ロボットの遠隔操作や遠く離れた場所にいる人と低遅延でWeb会議ができるようになったり、などの恩恵が考えられます。

5Gについてはすでに日本でも5G対応スマホが登場しており、首都圏や一部の地域では5G通信が使えるようになっているので、興味のある方は5G対応スマホを購入してみましょう(地域によっては5Gが普及していないので、自分のいる地域が5Gに対応しているかを確認してから購入しましょう)。

5Gについてはこちらにもまとめてありますので、ご参考ください!

スマホだけでじゃない!5Gで実現できること&変わる生活 

Society 5.0へ向けて新技術を学ぼう!

Society5.0が目指す超スマート社会と、それを実現するための新技術について見ていきましが、いかがでしたか?

もしあなたがこれから大きなチャンスを掴みたいと思っているなら、これらの技術を学ぶことをおすすめします。

一番おすすめなのは機械学習です。パソコン一台あれば自宅で簡単に学習できるので、この中では最もとっつきやすいと思います。

プログラミング言語経験者であれば尚更ですね。特にPythonを使えるのであればハードルは大幅に下がるでしょう。

新技術を学んで次の時代のビジネスチャンスを掴みましょう。